いつも弊社ブログをご覧頂き誠に有難うございます。

今年も茹だるような暑さが続く毎日です。室内で営業できる業種の方はまだ良いですが一日中外仕事の業種の方にとって、この暑さは堪りません。

厚生労働省の過去の統計をみても、特に建設業に携わる方が熱中症により毎年多く亡くなられているのが現状です。

弊社では、様々な業種の経営者様とお会いしますが、中でも建設業に携わる個人事業主様、法人経営者様が多くいらっしゃいます。経営者様は、当然従業員の方々に熱中症予防を呼び掛けている事かと思いますが、この時期は、特に熱中症対策を意識した上で事業に注力しなければなりません。連日続く酷暑の中での業務は大変ですが、きちんと熱中症対策を行い無理せず頑張って下さい。

さて本日は、今年の7月末日に神奈川で建設業(電気通信工事)を営む個人事業主W社長様の売掛債権をお申込日当日にファクタリングさせて頂いた際の記事を、W社長様から許可を頂きましたので体験談も交え書いてみたいと思います。

横浜市 電気通信工事業 個人事業主様の売掛債権をファクタリングで即日資金化

神奈川県横浜市電気通信業(建設業)個人事業主様のファクタリング体験談

神奈川県横浜市電気通信業(建設業)個人事業主様のファクタリング体験談

W社長様の他社ファクタリングを利用した時の体験談

私は神奈川県横浜市で電気工事業を個人で経営しているWと申します。個人事業主ですが、上場している不動産会社と取引をしている関係上、毎月仕事は頂いております。実は今年の6月末に娘の結婚式があった際、まとまった現金が必要になりインターネットで資金調達先を調べていたら、Aというファクタリング会社のサイトに目が留まり、HPを読んでいたら個人事業主にも対応しているとの事でしたので、希望額の200万円を申し込みました。30分ほどだったでしょうか?ファクタリング見積書が送られてきて、5%の買取手数料で実行出来るという事だったので、言われた必要書類を揃えすぐにその会社へ向かいました。

ファクタリング会社Aを利用していたが・・・

結果はと言いますと、5%で出来るという話は全くのウソで、30%近いファクタリング手数料を提示されました。娘の結婚式費用だったので利用するかどうするか迷っていましたが、その店の担当者の「次の買取り時は5%で必ず買取しますから、今回は僕を信じてその売掛金を買わせてください」という言葉に根負けし、仕方なく利用しました。

私の会社の粗利益は20%程ですので、A社へ30%もの売買手数料を取られてしまったので7月末の外注費が支払えなくなってしまいます。A社の担当からは「外注費が支払えるよう7月末日に2社間ファクタリングで集金してもらった売掛金をこちらへ入金してもらったのを確認後、8月末予定の売掛金を210万円で買わせてもらい、200万円をW社長に振り込みますから安心してください。」と言われていたので、私はその言葉を信じておりました。

ファクタリング会社の「次は絶対・・」と「お化け」は出てこない

7月末日になり、売掛先から集金した売買代金分をA社に送金しました。ところが、A社からの8月分売掛債権の売買代金はいくら待っても振り込まれなかった為、A社に連絡しました。「プーッ、プーッ、プーッ。」何度かけても話中で結局音信不通に終わりました。私は、着信拒否をされたのだと思いました。

もうこんな会社に頭を下げてお願いするのは嫌だった為、急いでスマホで検索をかけ別のファクタリング会社を探す事に。

月末当日で外注費を遅らせる訳にいかないW社長は、個人事業主でも確実にファクタリングしてくれそうなファクタリング会社を探しました。

W社長は『個人事業主様の資金調達を支援するファクタリング会社』という記事を見つけ読んだ後、記事の運営元である株式会社トップ・マネジメントへ連絡してみました。

インターネットで調べた株式会社トップ・マネジメントへ電話

W社長様から弊社へファクタリングのお問合せ

金井「お電話ありがとうございます。株式会社トップ・マネジメントでございます。」

W社長様「すみません。御社のブログを読ませて頂き、連絡しました。実は本日中に外注費の支払いがあり、最短即日でファクタリングが可能とHPに記載されていたのでご連絡したのですが。」

金井「はい。急ぎのご入用という事ですね。そう致しましたら、お客様の詳しい概要からお聞かせ頂けますでしょうか?」

個人事業主W社長様の会社概要

神奈川県横浜市の建設業経営者様の会社概要

【業種】:建設業
【事業内容】:電気通信工事(電気通信機器設置工事)
【所在地】:神奈川県横浜市
【年商】:5000万円
【従業員数】:3名
【銀行借入】:日本政策金融公庫 1000万円
【税金関係】:遅れ無し
【ファクタリングの利用】:A社のみ(弊社申込日当日にA社は終了)
【現在申込のファクタリング会社】:弊社のみ
【希望ファクタリング金額】:200万円

申込み日当日にご面談

ヒアリング後、必要書類をお伝えし、すぐにファクタリングの面談を行う事になりました。

【ご用意頂いた必要書類】
売掛先との成因資料(請求書、売掛先からの発注書、売掛先との基本取引契約書)
売掛金が入金される銀行預金通帳
確定申告書
利用していたファクタリング会社A社との契約書類関係
納税証明書
印鑑証明書

上記書類を揃えて頂いたW社長様が、16時過ぎに弊社へ来店して下さりました。

株式会社トップ・マネジメントでファクタリング面談

株式会社トップ・マネジメントでファクタリング面談

面談を行う中で

  • A社から2回目のファクタリングを行って貰えなかった事
  • 外注費の支払いを当日中に行わなければならない事
  • 希望買取額は200万円
  • 2社間ファクタリング契約を希望

というお話を伺った後、ファクタリングの買取可否の審査へ移りました。

w社長様の売掛債権は上場会社でしたので、15分程で問題なく買取可能とのファクタリング審査結果が出たので、ファクタリング見積書を提示させて頂きました。

弊社ファクタリングでのお見積り内容

≪見積り内容≫
【売却対象売掛金】486万円
【弊社買取対象額】486万円の売掛債権のうち219万円
【買取代金】200万円(お客様お渡し金額)
【買取期間】30日間(買取実行日から売掛金着金日までの日数)
【売掛金買取率】90,5%(ファクタリング手数料9,5%)

お見積書を確認して頂いたW社長様は「A社のファクタリングよりも20%以上安い!最初から御社へ申し込めばよかった。」と申しておりました。

弊社の見積り内容でご納得頂いたので、その場でご契約させて頂きW社長様の銀行口座へ売買代金を送金させて頂きました。

契約完了後、ファクタリングで資金調達を行う上で気を付けるべき注意点について話をさせて頂きましたので、本ブログをご覧下さっている経営者様にも、その内容をお伝えしておきます。

悪徳なファクタリング会社の見極め方

悪徳なファクタリング会社の見極め方

  • HPなどに代表者名や資本金などの記載が一切ない
  • 対面する事を極端に嫌がる
  • 出入金する為の口座預金が無い、もしくはネット銀行のみの開設口座しかない
  • 契約方法が2社間ファクタリングのみ
  • 債権譲渡登記を行う際の登記方法が『譲渡担保』(違法ファクタリングの可能性あり)
  • 契約書の控えなどが一切出ない
  • エビデンス(証拠)の無い話が多い(例えば、大手ファクタリング会社、お客様満足度など)

優良なファクタリング会社の見極め方

優良なファクタリング会社の見極め方

    • HPがしっかりしていて多くの企業情報を出している
    • 会社がオープンである
  • 必ず対面した上で契約を行う
  • 出入金口座がメガバンク
  • 契約方法が3社間ファクタリング・2社間ファクタリングどちらにも対応している
  • 債権譲渡登記を行う場合は『売買』のみ。(譲渡担保は行わない)
  • 契約書の控えを全て貰える
  • 根拠に基づくエビデンス(証拠)がある
  • 資本金が最低でも3000万以上はある
  • 顧客情報や売掛先情報を保護する為の明確な取り組みをしている
  • 株式公開している

悪徳なファクタリング会社と優良なファクタリング会社の見極め方

今後ファクタリングで資金調達をする場合、上記のような基準を参考にする事で、安全で信頼できるファクタリング会社を選ぶ事が出来ると思いますので参考にしてみては如何でしょうか?

ファクタリング会社トップマネジメントのブログをご覧頂きありがとうございました

最後は横浜ランドマークタワーの画像で締めくくらせて頂きたいと思います。本日もファクタリング会社トップマネジメントのブログに最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。