いつも弊社ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今回は、介護事業者様のご利用事例をご紹介します。

少子高齢化の影響もあり、急激に介護事業サービスの需要が高まっている昨今。

一般の方からしてみれば、「介護事業者はずいぶんと景気が良いのだろう」などと想像しがちになりますが、実は様々な事情から厳しい資金繰りを強いられている事業者様が数多く存在します。

中でも顕著にみられるのが、人手不足による事業の縮小で生じる売り上げの減少や、施設の老朽化にともなう修理費や導入費といった支出による資金負担。

介護事業者様の入金は、国民健康保険団体連合会への申請から約45日後となるため、この間に大きな支出が発生すれば、たちまち資金繰りの悪化につながる可能性も考えられるのです。

今回ご紹介するU社様も、人手不足による事業の縮小と設備の導入によって資金繰りが不安定となり、直近の運転資金を直ちに調達したいという方針から、ご相談をいただきました。

代表のS様に詳しく事業をうかがうと、昨年から続く新型コロナの感染症拡大を懸念する従業員の退職が相次ぎ、事業は縮小。

新たに人材を募集しようにも、事業縮小による収益の落ち込みが生じ、採用にかかる平均60万円のコストの捻出が難しく、積極採用に踏み切れないという事情があるとのことでした。

また、開業から15年ほど経過していることもあり、設備の多くは旧式のものであり、入所者様の安全面を考慮に入れれば、新たな設備導入を躊躇することもできず、

思い切って8割ほどの設備を新調されたといいます。

S 様も、もちろん資金繰りに不安が生じることは覚悟されていたようで、すぐに銀行へ融資も相談に出向いたそうです。

ところが、銀行からの返答は「ここ1〜2年の資金繰りの不安定」を理由に、まさかのNO。

税金の滞納などはまったく無いことから、融資審査を楽観視されていたS様は思わぬ返答に大きく戸惑われました。

意気消沈とされたS様は、他行への申請に対しても不安がよぎったため、それに踏み切れず、このままの廃業も頭をよぎったといいます。

それから数日後のこと。たまたま連絡をとった同業の経営者様に事業を話したところ、ファクタリングの利用を勧められたそうです。

ファクタリングという資金調達手段があることは、S様も存じておられたようですが、ファクタリング会社を装ったヤミ金事業者に関するニュースを頻繁に目にしていたこともあり、これまで利用を視野に入れたことはありませんでした。

特にノンバンクのファクタリング会社に対する不信感は大きかったようで、得体の知れない事業者のサービスを利用するくらいなら、いっそのこと事業を畳んでしまう方が得策なのではないかとさえ考えられたようです。

のちに判明したことなのですが、S様にファクタリングを勧められた同業の経営者様は、かつて弊社のファクタリングをご利用された経験のあるお客様でした。

この方からの強い推薦をいただいたこともあり、S様は相談だけのつもりで、弊社へとご連絡をくださいました。

ノンバンクのファクタリング事業者に対する強い不信感をお持ちであることを正直にお話されたS様に、私たちがまずお伝えしたことは、私たちが真っ当なファクタリング事業者であることを証明するいくつかのエビデンスです。

ひとつひとつの列挙は省略しますが、これによってS様の弊社に対する印象が徐々に和らいだように感じられました。

また同じ介護事業者様のご利用事例をいくつかご紹介したほか、どんなご事情があろうと、

国民健康保険団体連合会という信頼性の高い機関からのお支払いを受けられる介護事業者様は、9割以上の確率でファクタリングのご利用が可能である点についてもご説明しました。

もちろん、ファクタリングのご利用にあたって生じるデメリットについても、包み隠すことなく開示。

S様は、それらを受けた上で数日ほど検討させてほしいと申され、その日のご相談は終了となりました。

再びご連絡をいただいたのは、それから5日後のこと。

前回のご相談時よりも明るい声色でお話されるS様から「ぜひ御社のファクタリングを利用したい」というお言葉をいただいたことで、私たちも早速ご契約に向けて動き始めました。

介護事業者様向けのファクタリングである「介護報酬債権ファクタリング」も、一般的なファクタリングサービスと同様に、2社間か3社間の取引をお選びいただけます。

当然ながら3社間の方が利用手数料を抑えられるため、お客様にとっては負担の軽減につながるのですが、国民健康保険団体連合会への申請などの手続きに時間を要するために、ご入金に数週間ほどかかることもあります。

S様は利用手数料の負担に納得された上で、出来れば即日、遅くとも2〜3日後のご入金をご希望されたこともあり、2社間ファクタリングを実行することとなりました。

以下がU社様にご提示した契約内容です。

2社間ファクタリング
【売却対象売掛金】 520万円
【弊社買取対象額】 500万円
【買取代金】440万円(お客様お渡し金額)
【買取率】 96%
ファクタリング手数料】 12%

融資を諦めたこともあり、廃業も視野に入れておられたS様でしたが、一時的な運転資金ではあるものの、資金調達に成功されたことを非常に喜んでおられました。

また、ファクタリングが真っ当かつ効果的な金融サービスであることも同時にご理解いただけたようで、弊社としても大変嬉しいご契約となったことも確かです。

今後は調達された資金を元に早期の資金繰り改善を図るため、従業員の新規採用にも積極的に取り組み、コロナ渦以前の事業水準まで持ち直すことを目標にされるそうです。

一般的なイメージとは裏腹に、厳しい資金事情を強いられる介護事業者様は多数いらっしゃいます

トップ・マネジメントは創業以来、そのような介護事業者様との取引実績も豊富ですので、資金繰りにお困りの際はご相談だけでもお気軽にお寄せください。