長岡
長岡
皆さまこんにちは。
トップ・マネジメントです。

 

東京オリンピックの開幕まで、残すところ1週間をきりました。

新型コロナの影響によって1年の開催延期がされたほか、大会組織員会の会長の交代や観客上限数をはじめとする感染対策が二転三転するなど、紆余曲折を経てようやく開幕を迎えることになります。

ただ、東京と沖縄は現在も緊急事態宣言下にあり、全国的にも「第5波」というべき新型コロナの再流行の兆しが見えはじめています。

また、すでに入国済みの外国人選手やスタッフなどから感染者が確認されるなど、残念ながら「コロナに打ち勝った証明」とは程遠いなかでの開催となることが確定しています。

それでも開催されるからには、選手には最高のパフォーマンスを発揮してほしいですし、私たちも最大限のエールをおくり、たくさんの歴史的瞬間を目撃したいものですね。

さて、今回はスタッフブログです。
テーマは「ファクタリングを利用する前に考えてほしいこと」。

最近、増加傾向にあるファクタリングのリピート利用に関しての、ちょっとした注意喚起でもあるようです。

ぜひご一読ください。

松坂
松坂
こんにちは。
営業部の松坂です。

大変ありがたいことに、最近は以前にも増してリピート利用に関するお問い合わせが増加しています。

リピート利用は、一度信頼関係を築いたお客様との再契約となりますので、新規契約時よりもスムーズにお取引ができ、早ければお問い合わせをいただいてから1時間もかからずして資金のお振込を完了させることも可能です。

私たちとしてもお客様としても、メリットが豊富なリピート利用ですが、中には「ファクタリングのリピート利用が、かえって財務状況に大きな悪影響を与えるのではないか・・・」などと心配になるケースもチラホラ見受けられるのです。

そこで今回は、ファクタリングのリピート利用を検討する際に、一度立ち止まって考えてほしいポイントをお伝えしようと思います。

 

ファクタリングで得られる資金は蓄積できない

まず考えていただきたいのが、ファクタリングで得られる資金の可能性です。

銀行融資やビジネスローンでは、希望額に応じてまとまった大きな資金を得ることができるため、資金の蓄積に向いています。

中長期にわたる資金計画を立てた上で、使途に応じて細かく切り崩していくという使い方には最適な資金調達手段であるといえるでしょう。

一方、ファクタリングで得られる資金は、あくまでお客様が得る予定の売掛金の事前回収です。

一時的には、資金が蓄積されることにはなるものの、それは将来的に得られる売掛金が上積みされるというだけのことです。したがって、中長期的に役立てられる資金の蓄積だとは言い難いものがあります。

私たちは、ファクタリングのリピート利用を希望される多くのお客様が、このような「ファクタリングで得られる資金の可能性」を見誤っているのではないかと日々感じているのです。

ファクタリングで得られる資金は、やはり短期的な資金繰りの改善にこそ役立てられるべきであり、ただ単にリピート利用することは、売掛金の事前回収を延々と繰り返すだけであり、中長期的な資金繰りの改善や安定は望めないといえます。

では、ファクタリングのリピート利用を効果的に活用するためには、どのような施策を試みるべきなのでしょうか。

 

確実な売上げ向上につなげるリピート利用を

ファクタリングで得られる資金の使用用途は、お客様によって多種多様です。

事業への投資はもちろん、従業員への給与や税金・社会保障費の支払いに充てたいというお客様も多数いらっしゃいます。

しかし、ファクタリングのリピート利用だけを繰り返してこれらの支払いの対応を続けているようでは、文字通りの「自転車操業」から抜け出すことはできません。

したがって、ファクタリングのリピート利用をされる際には、利用される毎に必ず利用後の売上向上につながる計画の立案と努力も併せて行なっていただきたいのです。

もちろん、リピート利用されるお客様の中には、ファクタリングで上手に資金を補充・投資しながら継続的に売上の向上につなげている方もたくさんいらっしゃいます。

しかし、資金難に陥る度にファクタリングを利用して、一時的な資金の補充に務めるということはファクタリングへの甘えだともいえ、いつまで経っても経営の安定につながることはないと断言できます。

厳しいことを申し上げて大変恐縮ではありますが、私たちの使命は「ファクタリングを実行する」ことではなく、「ファクタリングを通じて皆さまの経営と資金繰りの安定化をサポート」することにあります。

ファクタリングを実行しても、お客様の経営や資金繰りを効果的に改善できなければ、私たちとしても使命を果たすことができず、存在意義は無いに等しくなってしまいます。

ですので、ファクタリングのリピート利用を検討される前には、「自転車操業」に陥ることのないよう、調達した資金を活かしてどれだけ売上を上げ、経営の安定化につなげられるのか。

その可能性を十分に探った上でご相談いただければ幸いに思っています。