【異業種交流会に参加】

 

いつも弊社のブログをご愛読いただきまして、誠にありがとうございます。

 

先日、知人に誘われ中小企業経営者が集まる異業種交流会に参加させて頂きました。

 

様々な経営者の方々から沢山のお話を聞く事ができ、とても有意義な時間を過ごす事が出来ました。その中で何人かの経営者の方に私の職業がファクタリング業である事をお伝えしました。すると、ファクタリングという言葉に対して意外な反応が返ってきた事に少しビックリしてしまいました。

 

という訳で、異業種交流会でのファクタリングに関する一部の中小企業経営者様の反応を以下にまとめてみました。


【ファクタリングをご存知ない経営者の反応】

 

 

 

『ファクタリングってどんなご商売なんですか?』

 

ファクタリングという資金調達方法をご存知でない経営者様。

ファクタリングの認知度はまだまだなので、これは分かります。

分かりやすくご説明させて頂いたところ、直ぐご理解して頂けました。

 

 

 

『ファクタリングは知っているけど、胡散臭いサービスなんじゃないの?』

 

これも確かに、一部の悪徳ファクタリング業者がだいぶ前に逮捕されたニュースで

そう思われる方がいらっしゃっても仕方ない事です。

以前逮捕された業者はファクタリングを装った闇金業者でした。

 

闇金業者

 

『新手な闇金業者の事をファクタリング業者と言うんじゃないの?』

 

 

・・・・・・・・・。

 

あまりの誤解っぷりに私の口からは『え?』という言葉しか出ませんでした。

 

周りにいた経営者たちも驚いたように皆、黙ってしまいました。

 

人生初の『闇金』呼ばわり・・・・・頂きました(泣)


【ファクタリングに対する世間のイメージを変える為にファクタリング業者として取り組むべき課題】

 

悩み

しかし、とてもいい勉強になりました。

ファクタリング業者=闇金

と思われてしまっている方が現実にいらっしゃるのです。

それだけ、ファクタリングというもののイメージが世間から見たら悪く映ってしまっているという事。

 

確かにファクタリングを装う形で、実際にはファクタリング手数料分だけをジャンプという名目で顧客から取る業者が実際に存在する事は、弊社にいらしたお客様からもお話は何度も伺ったことがあります。

 

ファクタリングは債権の売買である為、そもそも3社間での取引が基本です。3社間売買であれば、お客様から売却して頂いた売掛債権を、お客様に代わり債権譲渡を受けたファクタリング会社が売掛先に対し直接回収するものです。しかし、現段階では3社間でのファクタリングをしたくても、多くの売掛先が債権を譲渡する事=倒産するかもしれない危険な会社、もしくはお金にだらしのない会社というような見方をしてしまう事に加え、債権を譲渡する事にマイナスイメージを持たれていらっしゃる売掛先も数多く存在する為、売掛先から債権譲渡を認めてもらう事の出来ない中小企業経営者様を救済する目的で2社間でのファクタリングを弊社が始めた事がきっかけとなり、現在数多くのファクタリング会社が中小企業の資金繰りを担い始めたのです。

 

債権譲渡は国が法律で認めている行為であり、2社間ファクタリング、3社間ファクタリングどちらをとっても何ら違法性のない行為なのです。しかし、一部の悪いファクタリング業者が買取元本は翌月に据え置き、当月のファクタリング手数料分だけをお客様から徴収するといった形を変えた金融業のような事をしている為、ファクタリング業界全体のイメージが悪くなってしまっているのです。

 

2社間ファクタリングの場合、お客様は売買した債権を、集金代行業務委託契約により売掛先から回収するのですが、何故そのようなまどろっこしい形をとらなければならないのか?という事を考えて頂ければ分かるはずです。全ては、売掛先に債権譲渡した事を知られてしまうと今後の業務に支障をきたしてしまうお客様の信用を守る為ファクタリング会社がリスクを取り、売買により権利が譲渡された売掛金の集金業務をお客様に委託しているという事。

可能であるならお客様に集金業務を任せず、自ら回収させて頂きたいというのが本音です。そうすれば詐欺にあったり、買取りした売掛債権を集金代行時に使い込まれるリスクがなくなるからです。

しかし、それをせずにリスクと向き合ってでもお客様との信頼関係を構築しようと考える背景には、お客様とお客様の売掛先との信頼関係の維持こそが最重要項目としてとらえているからです。

どうか資金調達でファクタリングを利用する前にこの事を忘れないでほしいと願います。そうすれば真面目なファクタリング業者であればきっと、お客様と良い関係が構築出来ると思いますし、お客様が困っている時はきっと手を差し伸べてくれるパートナーになってくれる筈です。

 

弊社では2社間ファクタリング契約後、お客様にご集金頂いた売掛債権の中からファクタリング手数料分だけを頂くという概念は一切ありません。ご集金頂いた売掛金の中から弊社が買取をした売買代金全額をご入金して頂いております。

 

このブログをご覧になっていらっしゃる経営者様の中で、現在他社ファクタリングを利用している方、毎月買取元金は据え置きにされ、ファクタリング手数料分だけを支払わされたりされていらっしゃいませんか?もしそのような経営者様がいらっしゃれば是非ご連絡を下さい。それはファクタリングを装う闇金業者です。ファクタリングという商売を真面目にやっている以上、見過ごすわけにはいきません。


【安心してファクタリングをご利用頂く為に】

 

一部の悪いファクタリング業者の行いにより、【ファクタリング=悪】と思われていらっしゃる経営者の皆様に、お申込み頂いてから契約に至るまでの流れをご紹介させて頂きたいと思います。
実際に弊社でファクタリング契約に至った建設業経営者様の事例をご覧頂く事で、ファクタリングが融資や投資に代わる資金調達する上での1つの手段としても有効である事を知って頂ければ、いざという時の選択肢の幅も広がります。

 

例えば、銀行融資を受けようとお考えになっていらっしゃる経営者様にとっては、銀行から融資が下りる前に、繋ぎ資金として他の金融機関(ノンバンクも含む)に打診をかけるのは極めてリスクになりますが、ファクタリングであれば『融資』ではなく『売買』なので、これから融資を受けようと考えている銀行の与信調査にも影響が出ずに資金調達する事が可能となります。

 

ファクタリング業界も業者の数が年々増え、ファクタリングという資金調達方法も昔よりは認知されて参りましたが、困った事に悪徳なファクタリング業者も存在するのも事実です。しかし、一部の悪い業者のせいでファクタリングという素晴らしい資金調達方法が事業資金調達の選択肢の一つから敬遠されてしまう事は、とても残念な事です。中小企業経営者様の為に真面目に頑張っているファクタリング業者も沢山いるという事を知って頂きたく思い、実際にファクタリングを行った建設業経営者様の事例をご紹介したいと思います。


【建設業ファクタリングの事例】

 

2社間ファクタリングで当日資金調達が出来た事例!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

≪お客様の概要≫

東京都 建設業 A社長様
【資本金】300万円
【従業員】社員:8名 パート:2名
【先月の月商】600万円 売掛先5社
【借入】信用金庫2行 リスケ中
【税金】社会保険料・消費税の滞納有り
【買取り希望金額】180万円
【その他】リスケ中で金融関係からの融資が受けられない
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


≪ファクタリングを利用するに至った経緯≫

今年に入り、2月末に差し掛かった月末前日、A社長様より弊社のHP経由でご連絡を頂きました。
A社長様は6年程前に都内で建設業を始めて以来、国民政策金融公庫や信用金庫からの資金調達を軸に会社を運営されておりました。しかし、一昨年起きた主要取引先の倒産以降、売上げが減少した事を原因として信用金庫から短期の事業資金調達を断られるようになってしまった為、A社長様は顧問である税理士に相談した結果、金融機関に対してのリスケジュール(条件変更)を提案され、リスケを実行しました。

それ以来、ご自身の親族などから資金が足りない時は一時的な借り入れを行ったりしながら、なんとか会社を切り盛りしておりましたが1月末時点で2月末の支払い分が不足すると分かり、親族に追加資金の借入を依頼したのですが、「いつまで頼れば気が済むの?もうお金はありませんから自分で何とかして下さい」と断られてしまいました。支払い分が不足になると分かった原因は、ここ数か月メインとして受注していた売掛先の都合で支払いサイトを1ヵ月延ばされてしまった為です。大丈夫だろうと当てにしていた親族からの借入が断られてしまった為、支払いサイトを延ばされた売掛先に再度、「今回だけでも従来のサイトで支払えないものか」と打診をかけましたが、無駄でした。

 

A社長は「これはまずい事になったな。当てにしていた親族から断れるとは思ってもいなかった。早急に資金調達をしなければ。」と、現場に出入りしながらも、色々と考えていたそうです。A社長が資金調達の方法として真っ先に思い浮かんだのが、民間金融会社からの借入でした。A社長が抱く民間の金融機関のイメージは、金利が高く、保証人や担保を要求されるといったものだった為、会社を起業して以来一切ノンバンクとは付き合いをしてこなかったそうです。

A社長はネットで調べたノンバンクに3社申し込みをしました。必要資料を揃え面談に行きましたが、申し込んだノンバンク3社とも金融機関に対しリスケしている事、税金を滞納している事を理由に保証人及び担保を要求された為、断りました。申し込んだうちの1社は、「100万までなら譲渡担保融資であれば融資します」と言われましたが、そもそも100万では支払いが足りませんし、ノンバンクが行う債権譲渡担保というものは将来の売掛債権まで全て担保されるので慎重に行うべきという事がネットを調べたら分かったので翌日お断りしました。

この時点で資金調達は、なかなかうまくはいかず、月末の前日になってしまいました。

資金調達する方法はないか必死になってネットで調べていたら、ファクタリングという資金調達方法があることを知りました。藁にもすがる思いで何社か打診をしました。5社程電話したでしょうか?そのうち一件のファクタリング業者から「今日実行してあげるから、来れます?」と少し上から口調で言われました。必要書類を急いで揃え、その業者の事務所がある新宿まで向かいました。

新宿駅西口

新宿駅に着いたら電話して下さいと言われていたので、新宿駅西口を出たところから業者に電話しました。すると、「今日は別のお客さんの予定が沢山入っており事務所が満席だから、新宿駅近くの喫茶店で契約しましょう。」と言われ指定された喫茶店へ向かいました。喫茶店につきファクタリング業者を待っていると、黒っぽいスーツを着た茶髪の営業の方が現れました。その業者が用意していた申込用紙を書き終えると、「審査するからちょっとここで待っててね」と言われ、担当者は喫茶店から出て行ってしまいました。

一時間くらい待たされたでしょうか?担当者が戻ってきて、私にこう言いました。「180万欲しいんだよね?それだと・・・200-70ね。そこから手数料20引いて手渡しぴったり180。あとね、ウチはファクタリングだけどここだけの話、ジャンプも出来るファクタリング会社だからね。ジャンプの場合は70だけでいいから。」私には、その担当者の言っている事が全く理解できなかったので再度詳しく聞いてみると、「270万円の買取りをして、手渡しが180万円、ジャンプというのは金融会社で言うところの金利だけを支払うようなイメージでファクタリング手数料を支払えるから、翌月に全額支払わずに済むからお客さんがみんな喜ぶんだ」とその担当者は言っていたそう。A社長はその担当者のいい加減な見た目と話の内容に怪しさを感じた為、お断りしたそうです。

 

他にも申し込みをしていたファクタリング業者の中で丁寧な対応をしてくれた業者は2社ありましたが、2社とも月末で忙しいので明日の実行は現実的に難しい、月初であれば可能ですが。と明日の実行については断られてしまったそうです。

「私はどうしても明日お金がいる」

 

そう思ったA社長は検索をかける中、あるHPに目が留まりました。HPをじっくり読むと、即日での買取りが可能である事社員の顔がきちんと出ていて安心出来るという理由から株式会社トップ・マネジメントに問い合わせしてみようと思い、電話を掛けました。


≪申込み後の流れ≫

弊社の担当が簡易的にヒアリングをし、月末当日の朝一番でご来社頂く流れになりました。

ご来社頂いたA社長様は焦っておりましたが、ゆっくり話をし落ち着いて頂いてから、お持ち頂いた書類を基に、ヒアリングをしていきました。
必要書類も欠けることなく全部揃っていて、尚且つ、翌月以降の仕事の流れも順調で、2月末の資金繰りだけ乗り越えられれば、翌月以降は問題ないとの事でしたので、直ぐにお見積書のご提示をさせて頂きました。

お見積り自体は、220万まで買取る事が可能だったのですが、A社長様が180万で問題ないとの事でしたので、再度お見積書にてご提示させて頂きました。売買手数料は30万位でしたがご納得頂き、無事に契約を交わし、そして午後一番にはお客様の口座へ売買代金をご送金させて頂きました。A社長様は、正直間に合わなかったらどうしようと考えていたそうでしたが、「少し遅れていた外注費及び材料費も支払う事が出来た」と、後日ご報告いただきました。

昨今、金融機関から融資が当たり前のように受けられる企業様もいらっしゃれば、様々な理由で融資が受けられない企業様もいます。一般の方からみれば、金融機関からの融資が受けられないのであれば、そんな事業自体辞めてしまえばいいのでは?と思われる方もいらっしゃると思いますが、中小企業経営様からすれば、抱えている従業員もおりますし、その家族もおります。そして周りの取引先様や同業者もおります。ここで「ハイお終いです。」とするわけにはいかないのです。私達も色々な状況を見て参りましたが、本当にもうどうにもならなければ、正直その様にお話をすることもあります。

しかし、ほとんどの経営者様がまだやれるべき打開策が残っており、知識がないが為に実行に移せていないケースがほとんどなのです。弊社にご相談にいらっしゃる多くの企業様は、社会需要を見据えて世の中に対し貢献性があり、とても良い仕事をしているケースがほとんどです。その様な企業様に微力かもしれませんが、お力添え出来ればと常に考えておりますので、お気軽にご相談頂ければと思います。