現金化

クレジットカード現金化に違法性ある? カード会社に知られるケースと抱えるリスク【現金化】

クレジットカード現金化に違法性ある? カード会社に知られるケースと抱えるリスク

クレジットカードが1枚あれば、現金を入手できる金融サービスとして認知度を高めている「クレジットカード現金化」

何らかの事情があって、キャッシング枠が付与されていないクレジットカードでも、ショッピング枠の限度額内で気軽に利用できるといった点も利用者を増加させている一因となっています。

しかし「クレジットカード現金化」の利用者や、これから利用を検討している人の多くは、「本当に違法性はないのか」「カード会社に現金化を知られた場合に罰則を受けることはあるのか」といった心配事を抱えています。

そこで今回は「クレジットカード現金化」の利用によって生じるリスクや、それに伴うカード会社の対応などについて解説していきます。

便利なクレジットカード現金化の違法性は?

たとえクレジットカードを持っていても、日常生活を送る上で現金が必要になるシーンは度々訪れます。

たとえば急なお葬式に出席しなければならない場合。給料日前で手持ちの現金に余裕がなく、諸事情によりカードローンやクレジットカードのキャッシングが利用できない、家族や知人にも借りられないなどといった場合、どのようにして現金を調達しますか?

そんな緊急時の強い味方になってくれるのが「クレジットカード現金化」です。

「クレジットカード現金化」は、手持ちのクレジットカードさえあれば、厄介な審査もなく誰でも即日で現金を手にすることのできる、大変便利で効率的なサービスです。

しかし、ここで気になるのが違法性の有無。

結論からいえば「クレジットカード現金化」は決して違法にはなりません。

「クレジットカード現金化」は、あくまでもカードに付与されたショッピング枠を利用するだけですので、通常の買い物でカードを利用する行為と何ら変わりはありません。

ただ、違法性が無いとはいえ注意しなければならない点がひとつだけあります。それが各クレジットカード会社が定める利用規約です。

言うまでもありませんが、クレジットカード現金化の利用者は現金の不足という問題を抱えている場合がほとんどです。こうした問題を抱えている人の多くは慢性的な現金不足に陥る可能性が高いため、その便利さに甘え、繰り返し現金化を利用する恐れがあります。よって、各クレジットカード会社は「ショッピング枠の現金化が多重債務を助長させる可能性がある」という観点から、クレジットカード現金化を禁じています。

法的な問題こそ無いものの、クレジットカード現金化はカード会社の利用規約に反する行為であることを覚えておきましょう。

クレジットカード現金化によって生じるリスクとは

それでは、クレジットカード現金化を利用することによってどのようなリスクが生じるのか。また、カード会社からどのような罰則を受けるのかについてみていきましょう。

カードの利用停止または強制解約

カード会社の利用規約に触れるわけですから、当然ながらまずは注意を促す「利用停止」という措置が取られることがほとんどでしょう。

利用停止は早くて1ヶ月ほどで解除されますが、解除後も繰り返しショッピング枠を現金化していることなどがカード会社に知られれば、最終的に強制解約(退会)となる場合もあります。

信用情報悪化によるブラックリスト登録

カードの利用停止や強制解約の措置が取られれば、信用情報に傷がつくことは言うまでもありません。

信用情報に傷がついた上での強制解約となれば、キャッシング枠の現金化どころか新たなクレットカードを作ることができなくなるのはもちろん、ローンの組み立てやカードキャッシングの利用契約、さらには携帯電話の割賦契約すら不可能になります。

どうしてカード会社に知られてしまうのか

クレジットカード現金化がカード会社の利用規約に違反し、それに伴う罰則を受ける可能性があることはお分かりいただけたかと思います。では、カード会社はいかにしてクレジットカードの現金化利用を把握するのでしょうか。

先に言っておきたいことは、クレジットカードを利用したからといって「100%の確率でカード会社に知られるわけではない」ということです。

キャッシング枠の利用状況

先にも述べている通り、クレジットカード現金化の利用者は「現金の不足という問題を抱えている」場合がほとんどです。そのため、頻繁にキャッシングを利用するといった特徴がみられます。

もちろんキャッシングの利用に関しては何の問題もありませんが、キャッシングを限度額いっぱいまで利用した上で、さらにショッピング枠を利用して多数の商品を購入していた場合は疑いの目を向けられる可能性が高まります。

ショッピング枠での購入履歴

これは、「カードで購入した商品を換金して現金を入手する」というクレジットカード現金化のシステムに着目されるためで、キャッシング枠とショッピング枠の利用状況があまりにも常識外であった場合は、現金化目的であると見なされることがあります。

またキャッシング枠は一切利用していない、または付与されてなくても、ショッピング枠を使ってこれまで購入してこなかったような高額商品や商品券などを、1日で大量に購入しているといった不自然な購入履歴も現金化を疑われる原因のひとつとなります。

「クレジットカード現金化」は違法性もなく、スムーズに現金を調達できるため非常に便利なサービスではありますが、カード会社に利用を知られれば、大きなリスクを背負うことになります。

ですので、

・なるべく多くの現金を得ようと、換金率の高い商品ばかりを購入しない

・キャッシング枠もショッピング枠も上限まで利用せずに余裕をもたせておく

・現金化を頻繁に利用しない

といった点に注意を払って、カード会社に疑われない範囲での利用を心がけるようにしましょう。