融資

銀行融資とビジネスローンは別物? 2つの違いとメリット・デメリット【融資】

銀行融資とビジネスローンは別物? 2つの違いとメリット・デメリット

事業資金の調達が必要になった場合、多くの経営者の方々がまずは「法人融資」の利用を検討されるのではないでしょうか。

「法人融資」として最も一般的なのが銀行から借入を行う「銀行融資」だと思いますが、中には「ビジネスローン」と呼ばれる金融サービスもあり、「銀行融資」と同じ借入であるにもかかわらず、名称の違いによって、どちらを選択するべきなのか迷いが生じてしまう経営者の方々もいるはずです。

そこで、今回は「銀行融資」と「ビジネローン」に違いはあるのか。また、2つの金融サービスをのどように使い分ければよいのかについてご紹介します。

「銀行融資」と「ビジネスローン」の違い

「銀行融資」も「ビジネスローン」も、返済義務の生じる借入、つまり「借金」であることに違いはありませんので、根本的には同じ金融サービスであると考えて問題ありませんが、一般的な認識としては以下のようになります。

  • 銀行融資

その名の通り、都市銀行や地方銀行、または信用金庫や信用組合といった金融機関から受けられる融資。

  • ビジネスローン 

消費者金融会社・事業者金融会社・信販会社・リース会社・クレジットカード会社といった「融資」を専門業務としたノンバンク系の融資。

しかし、根本的なサービス内容は同じであっても、「銀行融資」と「ビジネスローン」には当然ながら違いもあります。

それでは、それぞれの特長やメリット・デメリットについてみていきましょう。

融資金額

まずは資金調達が必要な経営者にとって、最も重要な融資金額の違いです。

基本的に300〜1000万円程度の少額融資を行うノンバンク系のビジネスローンに対して、銀行融資は審査結果次第で何千万円単位の高額融資を受けることもできます。

これは、銀行融資がビジネスローンに比べて金利を低く設定しているため、利用者の金利負担が軽減されるほか、利益を追求するためにも、より高額の融資を実行しようとする戦略のためでもあります。

一方のビジネスローンは、銀行融資よりも高金利であり、融資先の貸し倒れを回避するためにも少額の融資額を設定している事業者がほとんどです。

金利

では、なぜ銀行融資とビジネスローンで金利に違いがあるのでしょうか?

まずは銀行融資の金利から。

銀行側が融資を実行するための資金は、主に預金利用者からの預金額によってまかなわれます。預金に対するコストは、基本的には利息の支払いとなりますが、現在の金融業界における預金利息の付与はほんのわずかなのが一般的です。

したがって、銀行側からすればそれほどコストのかからない預金利用者預金から融資額を捻出できるため、高い利率を設定することなく融資を実行することが可能になります。

次にビジネスローンの金利です。

ノンバンク系のビジネスローンの金利は、銀行融資の年率0.9~3.5%程度に対して年率〜18.0%なのが一般的です。

これは、ビジネスローンの融資資金の主な調達手段が銀行からの借入であるためです。銀行からの借入となる以上、ビジネスローンの事業者は借入利息の支払い義務が生じます。この借入利息の支払いも念頭に置かれた上で融資金利が設定されるため、銀行融資よりも金利が高くなります。

また、ビジネスローン最大のメリットでもある審査基準の低さも影響されます。厳正なる審査を行う銀行融資に比べれば、ビジネスローンの審査は緩く、よほどの信用情報の問題等がない限り、比較的スムーズに融資を受けることができるため、最終的に融資金額の回収が不能となる貸倒れに陥る可能性が高まります。

こういった貸倒れのリスクが含まれていることも、ビジネスローンの金利が高く設定されている理由のひとつになっています。

担保と連帯保証人

担保や連帯保証人が必要になる理由は、基本的には貸倒れのリスクを回避するためです。

そのため、あらかじめ貸倒れのリスクが含まれた金利を設定しているビジネスローンでは担保や連帯保証人が不要となるケースがほとんどです。

一方の銀行融資においても、貸倒れのリスクが想定される場合のみ必須になるケースがありますが、必ずしも必要になるものではありません。

ただし、融資額の引き上げや審査通過をより確実にする目的があれば、担保や連帯保証人を用意するのもひとつの手になります。

2つの融資方法の使い分け

では、「銀行融資」と「ビジネスローン」どちらの融資方法を利用するのが得なのでしょうか。

金利の違いから、一見すると「銀行融資」のほうが融資額が大きく、返済額も少ないため、得のようにも感じますが、2つの使い分けは主に資金調達の緊急性によって異なります。

銀行融資は低金利で大きな融資額が最大の魅力ですが、審査基準が極めて厳正であり、提出書類も多いため、緊急を有する資金調達が目的の場合は不向きです。そのため、長期的なプランでの資金繰りに適しているといえるでしょう。

対するビジネスローンは、銀行融資と比べれば高金利で融資額も少額ですが、審査方法が審査項目を点数化して、その合計点で判断するスコアリング方式ですので、結果が出るまでの期間が短くスピーディに資金の調達が行えます。また少ない提出書類で申請できるため、書類作成に割く時間も短縮されます。このように、圧倒的なスピード審査と低い審査基準がメリットであるビジネスローンは緊急を有する資金調達に向いているといえます。

それぞれに、特長とメリット・デメリットがある「銀行融資」と「ビジネスローン」。

これから法人融資を検討される経営者の方々は、どちらの融資方法が自社の現状と将来に適しているかを踏まえた上で検討するようにしましょう。