ファクタリング

即日現金化するために必要なこと【ファクタリング】

即日現金化するために必要なこと

即日現金化って本当なの?ファクタリングで当日中に現金化するために必要なこと

即日現金化って本当なの?ファクタリングで当日中に現金化するために必要なこと

急な資金不足…それはすべての経営者にとって、死活問題となります。余裕のある資金繰りができれば、突然の支出にも対応できるでしょうが、なかなか理想通りにいくことはありません。また、たとえ資金難に陥ろうとも、時間に猶予があれば、銀行のローンや政策金融公庫といった金融機関に相談することもでますが、審査は厳しく、実際に現金を調達するまでには時間がかかってしまい、一刻を争うような資金繰りの改善は難しいものです。

そんな時に利用したいのがファクタリングです。ファクタリングを利用する上でも最も重要となるのは現状で発生している「売掛金」ですので、基本的にはどのような企業でも利用することができる資金調達法です。

また、ファクタリング会社の多くが「即日現金化」を謳っているため、急な資金不足の解消にも一役買ってくれる、強い味方になってくれることは間違いありません。

しかし、多くの経営者の皆さんが不安に思っていることは「本当に今日中に現金化してもらえるのだろうか…」という点ではないでしょうか。

結論を言ってしまえば、「即日現金化」はもちろん可能ですし、そこに怪しいカラクリやペナルティが発生することはありせん。

ちなみに「即日現金化」とは、申し込みから入金までのサイクルを1日で完了させてしまうことです。この利点をうまく利用することができれば、資金面での不安も一瞬にして払拭されますね。

ただ、確実に「即日現金化」をしてもらうためには、押さえておくべきポイントがいくつかあります。

必要書類はすべて用意しておく

必要書類はすべて用意しておく

融資や補助金、助成金、ビジネスローンなど資金を調達するためには、銀行系やノンバンク系を問わず、まずは指示された必要書類を提出しなければなりません。ファクタリングも例外ではなく、当然、提出する書類があります。提出が必要な書類はファクタリング会社によって様々ですが、具体的には以下のものが必要になることがほとんどです。

  • 決算書
  • 売掛金を証明できる請求書の控え
  • 請求書の発行先企業との過去の取引記録
  • 預貯金口座の通帳

どれも用意するにあたっては、そんなに手間のかからない書類ばかりです。万が一に備えてすぐに準備できるよう、身近な場所に置いておくといいですね。

それでは、ひとつひとつ確認していきましょう。

決算書

融資を申し込む際にも絶対に必要になる決算書は、ファクタリングの即日利用にあたってもほぼ必須の提出物となります。また、直近の資金繰りが記された帳簿の提出も求められる場合があります。決算書や帳簿は、自社の経営状態を明かすためには不可欠な書類です。どれほどの資金難に陥っているかを証明するための書類にもなりますので、必ず準備しておきましょう。

売掛金を証明できる請求書の控え

これがなければ、おそらくファクタリングの利用はできません。ファクタリングは、融資やビジネスローンのように希望した金額を借り入れるというシステムではなく、発生している売掛金の売却による資金調達法ですので、売掛金を証明できる請求書がなければ、話になりません。もちろん、少しでも売掛金を水増ししようとして、架空の請求書の控えを用意しても取引先への調査によってすぐにバレる上に、今後ファクタリングを利用できなくなる恐れもありますので絶対にやめましょう。

請求書の発行先企業との過去の取引記録

ファクタリングには、取引先を介して行う「三社間ファクタリング」と、自社とファクタリング会社のみで取引を行う「二社間ファクタリング」がありますが、即日の現金化を希望する場合は、審査時間の都合上、「二社間ファクタリング」が行われることが一般的です。「二社間ファクタリング」は、売掛債権を抱える取引先への審査が行われないため、契約書や注文書などを提出して自社と取引先との関係性を示さなければなりません。

貯金口座の通帳

毎月の取引記録が記載された帳簿があれば不要になる場合もありますが、より信頼度を高めるためにも追加で提出してもかまいません。

電話や面談では誠実な対応を心がける

電話や面談では誠実な対応を心がける

提出する資料が用意できたら、次はいよいよファクタリング会社の担当者との面談です。

最近ではメールやFAXによる簡単審査のみで利用が可能なファクタリング会社も増えていますが、基本的には電話や面談によるヒアリングがあると思ってください。即日の現金化を希望する場合、面談が必要なファクタリング会社であれば、スケジュールの調整が必要になりますので、前もって確認しておきましょう。

電話や面談では、常に誠実な対応が大切です。ファクタリングの利用に際しては、書類の審査だけではなく人柄も重視されます。特に即日の対応を求める場合は、経営者と担当者との距離感をいかに縮められるかが重要になりますので、くれぐれも「こちらは客だから」「早く入金してくれ」などと横柄な態度で臨むのは控えてください。

申し込みはお早めに

申し込みはお早めに

当然のことながら、ファクタリング会社の営業時間外、もしくは営業時間内ギリギリに申し込んでも即日の現金化は不可能です。ですので、即日の現金化を希望する場合は、午前中に申し込みを行いましょう。申し込みを行なったあとは、前述した書類の提出を求められることになりますので、スムーズに提出できるように前もって用意しておきます。

また、申し込みをするファクタリング会社が近場にあれば、直接伺って面談後の契約、現金払い…という流れも可能ですが、口座への入金を希望する場合は15時までにすべての審査を通過する必要があります。

ファクタリング会社の多くは都市部に集中しているため、地方の経営者が即日現金化を希望する場合は、「とにかく早く」を心がけなければなりません。もしも、口座への入金が間に合わない…それでも当日に資金が必要なのであれば、ファクタリング会社まで直接出向くことも視野にいれておくべきでしょう。

トップマネジメントのZEROファクがお得 

売掛金を売却して資金調達を行うファクタリングの利用の際に一番の問題となるのがファクタリング会社へ支払う高額な手数料です。
トップマネジメントのZEROファクなら、買取り手数料が最大10%優遇されます。

ゼロファク
ゼロファクは公的助成金でファクタリングの手数料を軽減する新サービスです
https://www.zerofac.com/

お問い合わせやお申し込みはネットから簡単スピーディに行えます。
ぜひ、お気軽にお試しください。