現金化

クレジットカード現金化の利用時に注意すべきポイント【現金化】

クレジットカード現金化の利用時に注意すべきポイント【現金化】

知らないと思わぬ大トラブルに…クレジットカード現金化には細心の注意を払おう

知らないと思わぬ大トラブルに…クレジットカード現金化には細心の注意を払おう

クレジットカードの現金化は、急に現金が必要になった際には大変重宝するサービスですが、利用するにあたってはいくつかの注意点を把握しておかなければなりません。利用の仕方次第では思わぬトラブルにまで発展する恐れもありますので、十分に注意を払って安心安全に利用することを心がけてください。

今回は、便利でありながらも危険度の高い「クレジットカード現金化」を利用する上で、注意すべきポイントを紹介します。

まずは簡単に「クレジットカード現金化」とは、どのようなサービスなのかを復習しておきましょう。

カードの利用額に応じた金額の範囲で買い物ができるショッピング枠と現金を借入れできるキャッシング枠が付くクレジットカードですが、「クレジットカード現金化」はこの内、「キャッシング枠」を利用して現金を調達できるサービスです。「ショッピング枠」を利用するという性質上、借入れとはなりませんが、通常の買い物をした時と同様にカード料金の引き落とし日には利用した額が引き落とされます。

また、「クレジットカード現金化」はカード会社や信販会社で行われているサービスではなく、専門の現金化業者によって行われます。

主な利用方法は3つあります。

主な利用方法は3つあります。

1つめは「現金キャッシュバック」

この方法は最も手軽に利用でき、スピーディに現金を手にすることができます。

利用する現金化業者に指定された商品を購入し、その特典として現金がキャシッシュバックされるという仕組みです。

2つ目は「商品の買取り」

「現金キャッシュバック」と同じように、現金化業者の指定する商品を購入するのですが、こちらの方法の場合は購入した商品を現金化業者へ売却することで、現金が得られるという仕組みです。

3つ目は「商品の返品」

まず、商品の返品が可能なお店でクレジットカードを利用して商品を購入します。そして、クレジットカードの決済が確定された後に商品を返品することによって現金を手渡しで受け取れるという仕組みです。現金化業者を通さずに行える「クレジットカード現金化」ですが、店舗に多大なる迷惑をかけるうえ、現金が手元に戻るまでに時間がかかるため、あまりオススメはできません。

以上が、「クレジットカード現金化」の主な方法ですが、現金化業者によってはオリジナルの方法を行っている場合もあります。利用の際には、それらの方法をよく確認するようにしてください。

さて、このような「クレジットカード現金化」を利用する際には細心の注意を払う必要があることは、冒頭でもお伝えした通りですが具体的にどのような点に気を付けるべきなのでしょうか。

クレジットカード現金化は違法なのか?

クレジットカード現金化は違法なのか?

恐らく、みなさんが最も気になっているのは「クレジットカード現金化に違法性は無いのかという点でしょう。

結論からいうと、クレジットカード現金化は違法ではありません。

ただし、原則としてカード会社や信販会社は、ショッピング枠を現金化する行為は認めていません。したがって利用が発覚した際には、カードの利用停止ななどの措置をとられる恐れがあることを忘れないでください。

業者選びは慎重に

業者選びは慎重に

「高換金率!」「最短15分!」などのようなキャッチコピーが、大々的に表記された「クレジットカード現金化」の広告やwebサイトを見たことがあるかもしれません。

このような宣伝を行っているすべての現金化業者が、詐欺行為をはたらいているとは言い切れませんが、ヤミ金業者のようにクレジットカードの現金化業者の中にも悪徳業者が紛れていることを覚えておいてください。

悪徳業者の主な手口は、高い還元率を謳って勧誘を行い、実際にはかなり小額の金額しか振り込まないといったもの。また、現金化に際しては手数料が必ず必要となります。平均的な相場は20%前後といわれていますので、もしもそれ以上の手数料を求められた場合は速やかに断りをいれて、別の業者を探したほうがよいでしょう。

業者選びのポイント

業者選びのポイント

多くの方が、業者を選ぶ時にインターネットを利用するかと思いますが、ピンポイントでいきなり1社に絞るのではなく、数社を候補にいれるようにしましょう。その際、便利になるのが比較サイトや口コミサイトです。これらのサイトは、複数の現金化業者の特徴や評価をまとめて確認できるため大変使い勝手がよいものです。

ただし、利用したい思った業者が見つかったとしても、即申込みをするのではなく、換金率や手数料、利用手順といった詳細を必ず電話で問い合せてからにしてください。最近ではメールのみで申込みが可能な業者も多々存在しますが、個人情報を実体のない悪徳業者である恐れもあります。可能であれば、電話で内容を録音しておくのもよいでしょう。

自己破産手続きは不可能

自己破産手続きは不可能

最後に、注意を払ってほしい点を説明します。
多額の借金を背負ってしまい返済不可能となった場合、所有する一定の財産を手放す代わりに債務を免除される法的手続きが自己破産なのは、みなさんもよくご存知かと思いますが、競馬やパチンコといったギャンブルをはじめとする浪費が原因の借金と同じように「クレジットカード現金化」でつくってしまった債務は免責不許可となり、自己破産手続きが行えません。
便利なサービスだからといってむやみに利用を続けると、全ての財産を失うような最悪の自体にもなりかねませんので、通用のクレジットカード利用時と同じように、自身の経済力と相談しながら節度を守った利用を心がけてください。