融資

創業融資の活用方法【融資】

国政金融公庫の創業融資について

起業を考えていても資金面が不安…融資初心者が利用した「創業融資」

 

これから起業を考えているという人は、緻密な事業計画を立てて将来のビジョンを明確にしているかと思いますが、どんなにハッピーな未来を描いていても、立ちはだかるのは多くの壁…中でも最も高い壁はといえば、やはり資金面ではないでしょうか。

起業してから、事業を波にのせるためにも絶対に欠かせない要素である資金の調達は、なかなか思い通りにいくことはないでしょう。

自己資金が十分な状態を保ったまま、起業できる人などごくまれです。もちろん、これから起業する人にとって資金の調達は初めての経験。当然、企業としての実績も信用性もまだないため、審査の厳しい銀行系の融資はもちろん、審査の基準が比較的甘いビジネスローンさえも受けるのは難しく、売掛金もまだ発生していないのでファクタリングの申請もできません。

そこで、ぜひ活用してほしいのが「日本政策金融公庫」の「創業融資」です。

起業するための融資であることは何となく分かるかと思いますが、融資を受けるためには当然ながら審査があります。「日本政策金融公庫」の「創業融資」はメガバンクが提供する融資よりも、比較的審査に通過しやすいちおう利点がありますが、審査のポイントをしっかりと押さえて申請しなければ融資を受けるのは難しくなります。

そこで今回はこの「創業融資」とはどんなものなのかを説明し、審査に通るために注意したいポイントについて説明していきます。

「創業融資とは」

その名の通り、創業するために必要な資金を融資する制度です。「日本政策金融公庫」の他にも、メガバンクや地方銀行など多くの金融機関が提供していますが、高い利益を追求する銀行系よりも、政府が出資している公的な性格をもった「日本政策金融公庫」の方が、起業を考えている事業資金調達の素人である起業家に対して寛容であることは確かです。

その理由は、「日本政策金融公庫」の融資が主に日本経済発展を目的としていること。日本全体の経済力を底上げするためには、中小企業やベンチャー企業のバックアップが欠かせません。資金力がないまま立ち上げた企業の存続は、市場を独占できるほどのアイデアや企画が無い限り、非常に厳しいのはいうまでもありません。ですので、若い企業の簡単な倒産をふせぐためにも、「日本政策金融公庫」の融資は銀行系の融資よりも審査の通過率が高いといわれているのです。

また、「日本政策金融公庫」の融資は基本的に無担保、無保証人でも問題ないという点も大きなメリットであるといえます。

とは言ってもやはり審査に通過するためには、いくつかのポイントを押さえておかなければなりません。ここからは審査に通過するためのポイントをご紹介していきます。

業界経験はどのくらいか

 

まずは職務経歴です。

起業しようとしている業界での経験の有無も審査対象となります。

その業界での経験がまったくなければ、いくら志高く、熱い情熱を持っていても将来性は低いと見なされてしまいます。

起業するのであれば、自分が経験した業界であることが大前提です。

自己資金があるかどうか

 

起業するからには自己資金が必ず必要です。たとえ「日本政策金融公庫」の融資であっても自己資金が0円の状態では通過するのは不可能でしょう。

大切なのは、「自分なりにどのくらいの準備を行ったか」という誠意をみせること。起業を考えている人は法人の口座を開設していたとしても、売上金がまだないことがほとんどなため、個人の口座が審査の対象となります。ですので、自己資金が0円では、いくら熱意をアピールしたところで信頼を得るのは難しく、当然融資を受けることはできないでしょう。

支払い履歴に問題はないか

 

税金や社会保険料、クレジットカードや公共料金、携帯電話の料金まで、過去に何らかの支払いの滞納があるかもチェックされます。

「創業融資」も借金のひとつです。信用性のないブラックな人にお金を貸してくれないのは当然のことです。起業を考えるのであれば、お金の問題もクリアにしておかなければなりません。

収入の見込みはあるのか

 

収入の見込みというのは、問題なく返済ができるかを判断するための最重要ポイントです。自分では返済能力があると確信していても、コンスタントに収入を得ることができるのか。また、その根拠はどこにあるのかを明確にした資料がなければ信用は得られません。

起業する以前から、収益を上げられるようなコネクションは築いておいて損はないです。

また、収益の見込みがある、もしく自己資金が十分に確保できているといっても、いきなり多額の融資を申請するのは無謀です。

「日本政策金融公庫」の融資はカードローンのように、あらかじめ設定された限度額の中から好きなように金額を選んで借り入れるわけではありません。はっきりとした使用用途以外の額を借り入れすることはできませんので、必要最低額以上の融資を申請すれば、信頼を失ってしまい、当面の間申請ができなくなるといった恐れもありますので注意しましょう。

実績が十分ではない起業家であれば、絶対に利用したい「日本政策金融公庫」の「創業融資」。審査に通過するためのポイントは、起業家自身の人間性や信用度の高さと、明確な経営ビジョンを示すことです。