ファクタリング業者を選ぶ時の注意点

株式会社トップ・マネジメント | ファクタリング業者を選ぶ時の注意点

上位表示されるリスティング広告に注意

ヤフーやグーグルといった検索エンジンを使い『ファクタリング』と検索をかけてみて下さい。

すると、1ページ目の1番上に表示されるのがリスティング広告と言われる集客方法です。

ネットの知識をお持ちでない方が見ると「1番先頭に表示されるから安心な業者じゃないの?」と思われるかもしれませんが、それは間違った知識でありネットの知識をお持ちの経営者の方々はこのリスティング広告が目についても、申し込みなど絶対にしません。

(※リスティング広告には、キーワードによって支払う単価が様々。金融系のキーワードである、『融資』、『資金調達』、『事業資金』、『ファクタリング』などのキーワードは非常に高額)

リスティング広告は多額の広告費がかかってくる為、その広告費の穴埋めをする為に、非常に高い手数料を取られる、またはファクタリング資金など全く持ち合わせていないファクタリング会社等が企業情報や個人情報だけを取る事を目的にリスティング広告を出している場合もございます。
後者の場合、間違えなく断られ、企業情報や個人情報は『ネタ』として『ネタ屋』などの企業情報の売却を生業とした業者に売られてしまいます。
そうなってしまえば後の祭り。全く聞き覚えの無い業者からの営業電話やメール、ファックス、DMなど、その『ネタ』を買った違法なファクタリング会社などから絶えず営業がくるようになってしまいます。

そうならない為にも、急ぎの資金繰りであっても『リスティング広告』を出している業者に申し込む事は賢明とは言えません。

上位表示されるリスティング広告に注意

※上記はあくまでサンプルの画像です。

ファクタリング比較サイトに潜む真実

次にネットで『ファクタリング比較』と検索してみて下さい。

様々なファクタリング会社を独自に調査した結果と称しファクタリング優良会社の順位付けをしている、いわゆる『ファクタリング比較サイト』というものが出てきます。

比較サイト運営者が数あるファクタリング会社を、一社ずつ利用してみた結果を元に比較したものであれば参考になりますが、どのサイトを見ても全くそのような事は書いてありません。

では、どのような根拠を元に順位付けをしているのでしょうか?

それは、ファクタリング会社がリスティングと同様に、多額の広告費をかけて各比較サイトの『ファクタリング優良企業』『ファクタリングお勧め企業』といった『広告枠』というものが存在し、その『広告枠』をファクタリング会社が買っている為です。

例えば、『ファクタリング優良企業』という打ち出し方をしている比較サイトであれば、ランキング1位ならファクタリングするしないは別として、1件申し込みがあった場合の単価は3万5千円~5万円というメチャクチャな値段設定が現在の相場になっているのです。
仮にランキング1位のファクタリング広告枠を買った場合の1件の申し込み単価が5万円なら、月間200件の申し込みが入ったと仮定すると、月間の広告費はそれだけで1000万円という訳です。

比較サイトのカラクリをご理解頂けたでしょうか?

集客をする為に高額な広告費を支払い、デフォルト(2社間ファクタリング時の詐欺や使い込み)もある中で、安い2社間ファクタリングなど、このカラクリを知れば出来るはずもありません。

もちろん、全ての比較サイトがデタラメとは言いませんが、「この業者に申し込んでみれば間違いありません」とか、「お客様満足度〇〇%」などと記載があるものは注意した方が良いでしょう。