売掛債権成因資料とは、ファクタリングを導入する際に売却したい売掛債権の売買価格を決定する為に必要不可欠な資料の事を指す。主に、売却予定債権の売掛先と交わした『発注書』や『注文書』、『見積書』、『納品書』、『請求書』、『売掛先からの入金が入ってくる預金通帳』などを総括して売掛債権成因資料(ファクタリング会社によっては売掛成因資料と呼ぶ場合もある)と呼ぶ。