ISO27001(ISMS認証)とは、情報セキュリティに関する国際規格の1つであり、その取り組みを指します。「情報セキュリティマネジメントシステム」とも呼ばれています。

企業では、PCやスマートフォンなど様々な情報端末を利用することが一般的になりました。それに伴い、企業の情報資産の適切な使用と保護が非常に重要視されています。

企業がISO27001に準拠しているかを第三者機関が認定する仕組みとして、「ISMS適合性評価制度」という制度があります。情報セキュリティに対する対策の一環として、IT企業だけでなく、顧客情報を取り扱う企業で実施されているのが特徴です。

取得する際、日本情報経済社会推進協会によって認定された第三者機関に申請を行い審査を受けます。詳細な流れに関しては後述しますが、審査条件を満たすことでISMS認証を受けられるのが特徴です。

参照元:【ferret】より一部抜粋

ファクタリング会社は、売掛債権の売買に伴いお客様の「大切な企業情報」や「売掛先情報」を取り扱います。しかし現在、WEB上でファクタリング会社を検索すると多くのファクタリング会社が散見されますが、ごく一部のファクタリング会社でしかISO27001は導入されておらず、多くの民間ファクタリング会社は危険なセキュリティ体制のままファクタリングを行っているのが現状です。

株式会社トップ・マネジメントでは、お客様が安心して売掛債権をファクタリングできるよう『ISO27001』(情報セキュリティマネジメントシステム)を認証取得しているので、大切な企業情報を徹底保護致します。