3社間ファクタリングとは、「お客様」(ファクタリングを希望する事業者様)、「取引先」(売掛先)、「 ファクタリング会社 」の3社の企業間で債権譲渡に関し合意して行うファクタリング契約のことです。

利用するメリットとしては、
1.審査は売掛先の調査のみなので売掛先さえしっかりしていれば ファクタリング審査 は、ほぼ100%通過する
2.売掛金を高値で売却できる可能性が非常に高くなる
3.万が一売掛先が倒産しても利用した ファクタリング会社 へ返済する必要がない
4.キャッシュフロー改善に繋がる
といった部分があげられます。

デメリットは
1.資金化まで時間がかかる場合が多いこと
2.売掛先からの承諾が得られないケースが多い事
3.売掛先に債務がある場合は買取り出来ないケースあるという事
といった部分です。

 

【更に詳しく3社間ファクタリングについて知りたい方は弊社HP内のこちらの記事も併せてお読みください】

【ファクタリングについて】

【動画あり】ファクタリングとは?【借入にならない資金調達】