2社間ファクタリングとは、売掛先には債権を譲渡した旨を直接伝えず(売掛先に秘密で売買する)、「お客様の会社」(又は個人事業主様)と「ファクタリング会社」の2つの企業間のみで売掛債権の売買を行う契約を「2社間ファクタリング」と呼びます。民法第466条において債権は、譲り渡すことができるという解釈の元、誕生させたのが「2社間ファクタリング」になります。

 

【更に詳しく2社間ファクタリングについて知りたい方は弊社HP内のこちらの記事も併せてお読みください】

【ファクタリングについて】

【動画あり】ファクタリングとは?【借入にならない資金調達】