ファクタリングにおける審査とは、売掛債権売却対象となる売掛先の与信内容でファクタリング売買手数料が決定される。本来、ファクタリングとは3社間取引が通常だが、2社間取引に関しては売買契約とは別に集金代行業務委託契約をファクタリング会社と結ぶ為、売掛債権売却申込人の与信内容がファクタリング売買手数料の決定に大きく左右される。最近では2社間ファクタリングのみを専門で行うファクタリング会社もあるが、そういったファクタリング会社は高いファクタリング手数料を取るための自社の利益だけを優先させている会社と言っても過言ではない。正当なファクタリング会社であれば、顧客ユーザビリティといった観点から3社間ファクタリング、2社間ファクタリングのどちらにも対応し、お客様が利用しやすい方を選択してもらう方式を取っている。

ファクタリング審査について更に詳しくお知りになりたい方は
弊社ブログの【ファクタリング審査通過率を上げる方法とは?】をご覧ください。