製造業ファクタリング

製造業ファクタリングによる資金調達事例一覧

アベノミクスの効果で円安に振れて、輸出業を中心に製造業の決算数字は良くなってきていますが、中小企業の経営まで好影響を与えているのでしょうか?

2000年ごろに再来した円高によって、製造拠点が大規模に海外へ移転することになりました。日本からアジア地域に移転した生産拠点は、この15年あまりで4万拠点に上ります。この間、1450万人もあった製造業の雇用が1000万人まで減少しています。

生産拠点のアジアへのシフトは特に地方経済を直撃することとなりました。 働き場所が少なくなった若い人々が地方から都市部へ移りはじめ、地方の人口が急激に減少しています。 そんな中、特に中国を中心にアジア圏で製造していたものが、人件費や材料の高騰にて逆転し始め、低コストで製造していたものがコスト高になってしまいました。併せて輸送コストも燃料の高騰により追い打ちをかける形となっています。こういった事情により国内回帰する企業も多くなっているのが製造業の現状です。

昨今の製造業関連のお客様からのファクタリング相談内容として多い順に下記に記載します。

製造業者様からの主な事業資金繰り相談内容《5つのケース》

1.取引先様の支払いサイトが長く、手前の製造費用の捻出が厳しい!

売掛先様からの入金が入る前に、次の注文が来てしまい、さらにその注文が大きいと材料代・人件費・その他費用が先出しとなってしまうので、資金繰りが厳しくなってしまうケース。

2.利益率が低い為に、資金の余裕がなかなかでない!

国内製造組は、売掛先様に対し低コストの海外製造組に対抗するために、利益幅を下げてコストギリギリにて注文を請けていた為、低利益率にて仕事をこなしている状況。
内部留保が作れない為、瞬間のキャッシュフロー不足にも対応する事が出来ないケース。

3.製造業離れが進んでいて、優秀な若い人材の確保が困難

製造業の生産において海外に比重が移り、国内での需要が減り、優秀な人材も減っていってしまった。
人件費が安い為、求人雑誌などで募集を出しても電話が鳴らない事も多々ある。
会社の平均年齢が高くなり、後継ぎ問題や技術の継承に悩んでいるケース。

4.入金が手形・小切手にて支払われる取引が多い!

手形にて入金があったとしても、期日まで待てる内部留保が無いので、割引手数料が高くても先に資金化しなければならず、利益率の低下に拍車を掛けてしまう。更に、製造業全体でも経営が厳しい所が多く、連鎖倒産の危険性が高く、手形・小切手での支払いには不安材料が常に付きまとっているケース。
期日が来てしまうので、資金繰りが不足してしまうケース。

5.長期の支払いサイトの圧縮!

取引先様からの入金が、2ヶ月サイト・又は手形での長期の支払いサイトを
圧縮する事によるキャシュフローの改善をおこないたいケース。

【製造業2社間ファクタリングサービス】

メリット:
製造業界は風評が立ちやすい業界でもあります。取引先様に連絡及び通知をせずに契約するので、同業者への風評被害が起こりません。保証人・担保設定など複雑な費用や手間が掛かりません。

デメリット:
売掛先様の与信調査の結果により、3社間ファクタリングと比べると掛目が低く設定されてしまう事があります。
売掛先様により数字が変わってしまいます。

【製造業3社間ファクタリングサービス】

メリット:
取引先様からすると業界特有の長い支払いサイトを変更する手間も無く、今まで通りの支払いサイトにて入出金の処理が出来るので、手間をお掛けいたしません。
取引先様が倒産しても、弊社が債務を負担する形になり、貴社へ請求をすることが一切ありません。
関東・関西の一部企業様では3社間ファクタリングへの柔軟なご対応を頂いており、過去にも多数ご契約が可能となった実績が御座います。

デメリット:
取引先様との話し合いにおいて、口座変更の承諾書を頂くので、時間と手間が掛かってしまいます。

0120362005ファクタリング無料相談 はじめてのファクタリング 業種別ファクタリング事例
ページ上部へ戻る