歯科診療報酬債権ファクタリング

トップ・マネジメント歯科診療報酬債権ファクタリング事例一覧

近年歯科医師は供給過多の時代に入ったと言われています。実際、歯科医師国家試験には毎年2,300人程度の人が合格し、歯科医師免許の交付を受けます。
定年がないこともあり、歯科医師免許を持つ人数は増える一方であり、今後も日本全体の人口減を考慮すると、歯科医師過剰問題は簡単には無くならないと言われています。
歯科医療の現場では、40歳を超えると独立開業を志す歯科医師が多くいます。しかし、近年独立開業したものの、顧客が来ずに廃業に追い込まれる歯科医院も増えています。1990年におよそ7万4000人だった歯科医師数は、2006年には9万7000人に増加。それも都会は特に集中しており、「コンビニより歯科医院が多い」と言われるほどになってしまった。
現在は自然人口減の時代です。また、たいていの地域には歯科医院が幾つもあり、医師があふれている状況です。住宅団地が建ち始めている地域や人口が増えている場所に開業できれば別ですが、そうでない限りはよほどの腕、そして経営手腕がないと厳しいというのが現状です。実際、医療関係事業の年間倒産件数の約4割が歯科医院だと言われています。

歯科医様からの主な事業資金繰り相談内容《5つのケース》

1.人件費が予想より掛かってしまい、資金繰りが厳しくなってしまうケース!

人件費関係にて、計画して確保していた資金が底をついてしまい、事業が回らなくなってしまった。特に人件費は支払いが遅れてしまうとスグに辞められてしまい、風評が出てしまうと、今後の人材集めにも苦労してしまうので、支払いを遅らすことは、経営において非常に厳しい状況に陥ってしまうケース。

2.レセプト請求に対し予想以上に返戻分が発生してしまった!

仕事を完了しレセプト請求を行い、翌々月に20日と21日に入金があるが、実際に入金があった金額が減額されており、社保及び国保に確認したところ、返戻分として処理されてしまい、入金する予定だったものが入らずに、資金ショートしてしまったケース。

3.ほとんどの歯科医では、開業時に多額の融資及びリース契約にて負債の負担が大きい!

開業からは安定した収入が得る事は難しく、事業が軌道に乗るまではどうしても時間が掛かってしまうものです。従業員の育成や宣伝など、先出しの費用は膨らむばかりです。その後、新たに融資を組むことは難しく、銀行融資の返済をリスケジュールしてしまうことも多々見受けられますので、追加で資金調達するには非常に困難な状況です。

4.集客の急な増減によるキャッシュフローの不足!

昨今、コンビニよりも多いと言われている歯科医。宣伝費を削ったら予想以上にお客さんが来なくなってしまった!先月はたくさん来ていたのに、今月はちょっと・・・ また、実費診療も現金収入部分の予想を下回ってしまった!など、原因が良くわからないけど、予測のつかないケースも御座います。

5.資金繰りにおける問題!

資金繰りにあたり、おかしな融資やレセプト債権の譲渡をしてしまい、事実上資金が手元に残ってないケース。
実例:あるファクタリング業者と歯科クリニックとで診療報酬債権のファクタリングをおこなっていて、半年分をまとめて行っておりました。しかし、いざ解約するとなると、解約した場合の解約金が破格な金額の請求が来てしまい、更に、半年間はファクタリング業者に診療報酬の入金がいってしまうので、資金繰りが困難な状況に陥ってしまい、事業が出来なくなってしまいました。

健康保険の対象となる治療に対して歯科医院に支払われる診療報酬のうち73項目の価格が、この20年間据え置きさております。また歯科医療費全体でも10年程は停滞しており、そんな中、歯科医師は定年の概念がないので、年々増加傾向にあり、歯科医師一人辺りの収入は減少傾向にあります。
歯科医師過剰により歯科医院数が増えることや歯科受療率の低下で、歯科医院収入は低下傾向にある。過当競争・予防知識の周知・再発率の低下・少子化による人口減少・格差社会による低所得者層の増大・先行き不安感などから、家計費における優先順位の低い傾向のある歯科医療費は減少傾向にあり、歯科医院収入の低下が問題となっている。
これからは、各医院がお客様それぞれに対し、サービスの提供をどのようにしていくのか?そしてお客様が満足する技術をどれだけ身に着けていけるのかを、考えていかなければならないとの声も伺います。

株式会社トップ・マネジメントでの次世代型のファクタリングサービスでは
事業主様に合わせた、事業資金の資金繰りのご提案をしております。

【2社間ファクタリングサービス】

メリット:診療報酬債権の譲渡の申請にはお時間が掛かってしまいます。即日必要な時には、3社間では間に合いません。

デメリット:3社間ファクタリングと比べると掛目が低く設定されてしまう事があります。

【3社間ファクタリングサービス】

メリット:社保及び国保とも口座の変更に伴い、弊社では過去の実績がありますので、貴社の代わりに変更手続きをスムーズに行えます。貴社へ請求をすることが一切ありません。

デメリット:社保及び国保に対し申請の手順を踏むので、時期によっては多少お時間を頂くことが御座います。

0120362005ファクタリング無料相談 はじめてのファクタリング 業種別ファクタリング事例
ページ上部へ戻る