広告代理業ファクタリング

既存の広告媒体が伸び悩みを見せる中、会社存続のために模索する広告業界。
従来のマスコミ四媒体が縮小する一方で、広告宣伝費用をニーズに合うインターネット広告に振り替える流れが継続しており、インターネット広告は大きなウェイトを占めている。マスから個へ、個人の属性や嗜好に基づくマーケティングへのシフトは鮮明で、インターネット広告においても、SNSやブログといった新たなメディアやサービスが台頭し、また、中でもモバイル広告、特にスマホ向け広告やモバイルEコマースへの注目が高まりつつあります。

消費不況による企業業績の低迷が続く中、大半の企業は自社の広告宣伝費の削減を図っており、そのため広告業界は価格競争に陥っています。また、クライアントが広告を出稿するに際しては費用対効果の高い手法を選好する傾向が強まっており、結果、広告代理店業の収益率は低下してでもより効果の高い手法を取り入れてでも、クライアントを確保していかなければならない傾向にあります。

広告業者様からの主な事業資金繰り相談内容《5つのケース》

1.取引先様の支払いサイトのズレによる、事業資金の不足に関する穴埋め!

請求書を発行したが、到着が遅れた、納品が間に合わなくて、入金自体が1ケ月ズレてしまった。
しかし、そこまでに掛かった経費は発生してしまうので、1ヶ月分は持ち出しをしなければならなくなり、
資金が潤沢にあれば問題ないが、大半の企業様が支払い先へ連絡し、調整を打診しなければならない!しかも、打診に応じてもらえれば良いのですが、なかなか難しいのが現状です。
一歩間違えると、同業者に風評が広がってしまい、今後の経営に支障をきたす可能性もあります。

2.検索連動型のリスティング広告(PPC広告)費用捻出

お客様のご要望によりGoogleアドワーズやYahooプロモーション広告などのリスティング広告を出す事に!

本来であれば、クライアントに代わりリスティング広告を出稿する場合、前金で広告費+20%の運用代行手数料をいただく形が業界の通例となっていますが、当社に相談に来られた会社様の場合、クライアントから前金をいただかない成功報酬型で案件受託してしまったことから資金調達の必要性に迫られることになりました。
クライアント側はどのくらいの費用が掛かって、クリックに対する対費用効果が分かりづらい為、リスティング費用を捻出するのを拒んでいらっしゃったそうです。ですので成果を提示してからの費用請求という歪な契約になり、そして、1ヶ月後に掛かった費用に対して請求するので、支払いサイトが1ヶ月としても、実質2ヶ月分の先出し分の負担になってしまうという事態がが起きていました。支払いサイトによっては、さらに負担分が重なるケースもあると聞きます。

3.外注費・印刷会社からの支払いサイトの短縮を求められた!

外注先から急に連絡が来て支払いサイトの変更を求められ、条件に応じなければ仕事を引き受けてもらえなくなってしまうケース。また、支払いを手形にて行っていたものから、現金でのやり取りに変更して欲しいとの打診を受け、今までの支払いサイトが短縮する形になり、入金と出金のバランスが取れなくなり、資金繰りが間に合わなくなってしまうケース。

4.仕事量の急な増減によるキャッシュフローの不足!

仕事が定期的にある場合は問題ないのですが、急に取引先からの仕事の量を経費削減などの理由にて減らされてしまい、毎月発生する人件費や固定費の捻出が厳しくなってしまう。
広告費は企業様にとって、経費削減の最優先対象となるもので、思わぬ時期に売上が減ってしまい、
不測の事態に陥ることも御座います。

5.新しい仕事の獲得の為に資金の確保!

新しい事業を始めると、業種特有の先出し費用が発生してしまいます。
人件費・固定費・その他もろもろ、お客様からの売上を頂くまでは、経費が掛かるものです。
今現状にて発生している、売掛金を早期資金化し、その代金を新しい事業に組込む
取引先様からの入金が、2ヶ月サイト・又は手形での長期の支払いサイトを
圧縮する事によるキャシュフローの改善が可能なケース。

株式会社トップ・マネジメントの広告代理店、メディアレップ向けの事業資金ファクタリングサービスでは
各企業様に合わせた、事業資金の資金繰りのご提案をしております。

【広告代理店業向け2社間ファクタリングサービス】

メリット:
広告業界は人脈がモノをいう業界でもありますので、一度風評が立ってしまうと、なかなか情報を払しょくしきれません。取引先様に連絡及び通知をせずに契約するので、同業者への風評被害が起こりません。保証人・担保設定など複雑な費用や手間が掛かりません。

デメリット:
売掛先様の与信調査の結果により、3社間ファクタリングと比べると掛目(かけめ)が低く設定されてしまう事があります。また売掛先様により数字が変わることもございます。

【広告代理店業向け3社間ファクタリングサービス】

メリット:
取引先様からすると支払いサイトを変更する手間も無く、今まで通りの支払いサイトにて入出金の処理が出来るので、手間をお掛けいたしません。
取引先様が倒産しても、弊社が債務を負担する形になり、貴社へ請求をすることが一切ありません。
関東・関西の一部企業様では3社間ファクタリングへの柔軟なご対応を頂いており、過去にも多数ご契約が可能となった実績が御座います。

デメリット:
取引先様との話し合いにおいて、口座変更の承諾書を頂くので、時間と手間が掛かってしまう。

0120362005ファクタリング無料相談 はじめてのファクタリング 業種別ファクタリング事例
ページ上部へ戻る