介護・福祉業ファクタリング

介護・福祉業ファクタリングによる資金調達事例一覧

日本だけでなく、世界でも高齢化社会へこれから進もうとしています。
この高齢者の増加にともない、介護業界は需要を増し、本格的な介護サービスの確立を求められていると言えます。
しかし、人材の問題がいつも介護業界にはつきまとっています。施設介護の不足により、注目されている在宅介護。この在宅介護への支援体制も介護業界に求められているところです。
体力仕事である介護の仕事にも関わらず、事業主側の高い報酬を求める声と国が定める介護報酬が合致しておらず、事業主側からすると将来に対し不安材料が尽きません。もう少し報酬を高く設定して、若い人材をひきこみ、これから市場を支えていきたいのだが、ケア施設等の報酬は非常に厳しく、なかなか人材が集まらないことがあります。
この人材不足の問題が続けば、在宅介護の負担は大きくなり、仕事を持つ介護をする側の負担がますます大きくなる事が予測されており、特に中小企業様が経営されている介護事業に関しては、資金繰りを考慮していかなければなりません。

介護・福祉業者様からの主な事業資金繰り相談内容《5つのケース》

1.先出しが予定より多くて、資金繰りに行き詰ってしまうケース!

人件費・諸経費・設備関係にて、計画して確保していた資金が底をついてしまい、事業が回らなくなってしまった。特に人件費は支払いが遅れてしまうと風評もあり、今後の人材集めにも苦労してしまうので、支払いを遅らすことは、経営において非常に厳しい状況に陥ってしまうケース。

2.介護保険請求と実際に入金があった金額の誤差が大きかった!

仕事を完了し介護保険請求を行い、翌々月に入金があるが、実際に入金があった金額が減額されており、社保及び国保に確認したところ、計算違いや間違いなどで、入らなかった入金予定分は再度請求をし、翌々月まで入金が入らなくなってしまうとのことで、急遽資金繰りにおいて困難な状況に陥ってしまうケース。

3.他社に、融資及びファクタリングの申請をしたが、手続きまでに時間が掛かって融資がおりない事も!

融資やファクタリングなどで、申し込みをし、手続きを進めていましたが、申し込みから審査そして確認などに、時間が掛かりすぎてしまい、必要なタイミングに資金調達が出来ないケース。
税金の未納・滞納があった場合は、時間だけ掛かってしまい、ほとんど審査が通る事は難しいのが現状です。

4.仕事量の急な増減によるキャッシュフローの不足!

仕事が定期的にある場合は問題ないのですが、事業所の場合お客様が減ってしまい、空き部屋のままになってしまってたり、訪問先が急に減ってしまったケース。
仕事の増減において、人件費や経費の調整が追い付かなくなってしまうケース。

5.お客様とのトラブルによる急な資金の要り様!

事業を行っていると、様々なお客様及びその親族の方々と進めていかれるかと存じます。そこで、何かしら想定外のトラブルは付きものであり、問題になればお金の話にもなり得る事もあるそうです。無事に解決出来るものもあれば、なかなか出来ないケースもあり、急に資金の要り様になってしまったケース。
また、ヘルパーの方が故意ではなかったのですが、訪問先の患者の親族の方が納得がいかないとのことで、壊わしてしまった訪問先の備品を弁償する事になったお話も伺いました。

介護・福祉業界の概況

2015年の介護報酬改定により3%介護報酬が引き下げられました。この件により、人材確保がさらに困難になることが予想されます。他業種に比べて賃金が低いことから、介護業界への就職を敬遠する若者は多く、今回の報酬引き下げにより昇給が見込めないとなれば、人材の確保は一層難しくなるでしょう。

国は「この報酬引き下げにより、職員の処遇が低下するようなことがあってはならない」との考えから、「1人月1万円程度の引き上げが可能となるよう財源を確保する」としていますが、消費税10%への増税が見送られた今となっては、その実効性も未だに疑問がついてしまいます。
さらに、職員研修や人材育成関連の費用を削る事業所も出てくるでしょう。結果、職員の専門知識やスキルの向上が見込めなくなり、介護サービスの質の低下という事態をも招きかねません。
そのほか、食材費や光熱費等の削減により、食事の質、介護環境の悪化なども予想され、ひいてはそれらが職員のモチベーション低下、利用者へのサービス低下につながることも容易に想像がつきます。
報酬引き下げを受けてどのような対応をするのか、経営者として踏ん張りどころとなります。

株式会社トップ・マネジメントでの次世代型のファクタリングサービスでは
各企業様に合わせた、事業資金の資金繰りのご提案をしております。

【介護・福祉業向け2社間ファクタリングサービス】

メリット:
介護・福祉業界は競争が激しい業界でもありますので、一度風評が立ってしまうと、なかなか情報を払しょくしきれません。社保及び国保に連絡及び通知をせずに契約するので、同業者への風評被害が起こりません。
保証人・担保設定など複雑な費用や手間が掛かりません。

デメリット:
3社間ファクタリングと比べると掛目が低く設定されてしまう場合もあります。売掛先様により数字が変わることがございます。

【介護・福祉業向け3社間ファクタリングサービス】

メリット:
社保及び国保とも口座の変更に伴い、弊社では過去の実績がありますので、御社の代わりに変更手続きをスムーズに行えます。
御社へ請求をすることが一切ありません。

デメリット:
社保及び国保に対し申請の手順を踏むので、時期によっては多少お時間を頂くことが御座います。

0120362005ファクタリング無料相談 はじめてのファクタリング 業種別ファクタリング事例
ページ上部へ戻る