人材派遣業ファクタリング

トップマネジメント人材派遣業ファクタリング事例一覧

1986年の派遣法施行以来、人材派遣の市場は急速に拡大してきました。
2008年までの22年間で、派遣スタッフ数は約20倍に、派遣を利用する派遣先企業数は約30倍に増えていますが、この背景には派遣に関する規制緩和がたびたび行われたことが大きく影響しています。特に、2003年に製造業務の派遣が解禁された効果は大きく、この分野に従事する派遣スタッフだけでも2009年度には56万人に達することになりました。
その一方で景気の影響を受けやすいのも、人材派遣市場の特徴だといえます。
もともと派遣の最大のメリットは、即戦力人材を好きな時に好きなだけ派遣してもらえるということです。従って、求人倍率が高くなる好況時には、人材確保のルートとして派遣に期待する企業が増え、市場規模は拡大します。しかし、いったん不況になると、まっさきに人件費削減の対象となるのも人材派遣なのです。「集めやすく切りやすい」という派遣の特色そのものが、景気に敏感な業界体質をつくっています。

人材派遣業者様からの主な事業資金繰り相談内容《5つのケース》

1.入金と出金の支払いサイトによるキャッシュフローの不足!

人件費の当日払い・週払いが当たり前のようになってきたが、売掛先様からの入金は通常の締め支払があるので、先出しが多くなってしまうケース。

2.売掛先様の経営状況が悪く、支払いがされなくなった!

人件費が先出しになるだけでも、厳しい状況にも関わらず、売掛先様の経営状況が悪く、支払いが無かったケース。

3.派遣として契約した従業員が、トラブルを起こしてしまった!

従業員が派遣先にてトラブルになり、突然仕事の打ち切りや、想定以上の違約金を求められ、尚且つ従業員に明らかな非があったので、請求しようとしたが連絡が付かず、どうする事も出来なくなってしまったケース。

4.売上げの薄利多売によるキャッシュフローの不足!

昨今、価格競争がより一層激しく、単価を下げてでも仕事を取ってくることもしなくてはならない状況です。しかし、支払いの人件費に関しては、給料を上げなければ、人材が集められないという悪循環に陥り、キャッシュフローが不足し易い状況になってしまう。

5.いざという時に人材が集められず、他の同業者から人材を割り振ってもらわなければならない!

人材の確保に四苦八苦で、いざ仕事を獲得しても自社では人材が足りなく、やむを得ず他の同業者から人材を割高になってでも、割り振ってもらう。
ただでさえ、薄利多売の状況でさらにコストが割高になってしまう、二重苦のケース

厳しい環境が続いてきた人材派遣業界ですが、平成24年ごろから状況は好転。平成25年も前年に続き、好調な業績を持続しています。
政府の規制改革会議によると、現在の日雇い派遣の原則禁止の見直しを進める見込み。さらに、『解雇特区』の構想など比較的”企業寄り”の方向で話が進んでいます。ただし、こうした”企業寄り”の政策は労働者からの反発を招く恐れもあり、議論が長引くことも予想されますが、人材派遣業界にとってこうした企業寄りの立場をとる自民党政権は追い風になるとみられます。
一方、国内景気も回復の兆しを見せており、雇用環境の改善も見られはじめています。平成26年9月の有効求人倍率は1.12を記録し、平成26年に入ってから1%を上回る状況が続いています。人材派遣業界にとって国内景気の動向と規制緩和は大きな影響を与えます。厳しい環境が続いていた人材派遣業界ですが、ようやく明るい兆しが見え始めました。

株式会社トップ・マネジメントでの次世代型のファクタリングサービスでは
各企業様に合わせた、事業資金の資金繰りのご提案をしております。

【2社間ファクタリングサービス】

メリット:人材派遣業界は風評が一度でも立ってしまうと、人材が集まらなくなってしまうのを、誰にも知られずに、速やかに資金調達を行うことができますので、風評被害や手間暇が掛かりません。

デメリット:売掛先様の与信調査の結果により、3社間ファクタリングと比べると掛目が低く設定されてしまう事がございます。売掛先様により数字が大きく変動するケースもあります。

【3社間ファクタリングサービス】

メリット:取引先様からすると支払いサイトを変更する手間も無く、今まで通りの支払いサイトにて
入出金の処理が出来るので、手間をお掛けいたしません。取引先様が倒産しても、弊社が債務を負担する形になり、御社へ請求をすることが一切ありません。
関東・関西の一部企業様では3社間ファクタリングへの柔軟なご対応を頂いており、過去にも多数ご契約が可能となった実績が御座います。
デメリット:取引先様との話し合いにおいて、口座変更の承諾書を頂くので、時間と手間がかかる場合もございます。

0120362005ファクタリング無料相談 はじめてのファクタリング 業種別ファクタリング事例
ページ上部へ戻る