トラック運送業ファクタリング

トラック運送業ファクタリングに関する記事

日本は海外からも注目を浴びるほど、時間に正確・安心して安全に・細部までの配達網、日本が世界に誇れる物流網でもあります。業界は1990年の国の規制緩和で、新規参入のハードルが下がり、国内事業者は約4万社から6万社超に急増。需要と供給のバランスが崩れ、安い料金で仕事を受ける業者が増えました。 デフレ環境の長期化やトラック運送業界の過当競争の中で、長期低迷が続いていた運賃市況。

下請け業者からみると仕事の受注は来るが、受注を請けるにあたり【低運賃】【トラック不足】【人材不足】【燃料の高騰による収益の圧迫】などなど、問題は山積みで非常に厳しい状況が続いております。

トラック運送業者様からの主な事業資金繰り相談内容《5つのケース》

1、取引先様の支払いサイトのズレによる、事業資金の不足に関する穴埋め!

売掛先様からの入金が入る前に、燃料代・人件費・その他費用が掛かってしまうので、その支払いの穴埋め分。 入金が2ヶ月サイトで支払いが1ヶ月サイトのケースは非常に資金繰りに困ってしまうケース

2、繁忙期の急な増車につき、先出しの分の不足が発生!

取引先様から急な要請に、急遽、トラック・人材を集め、運行するにあたりの先出しの費用の捻出しなければならないケース。
3月・7月・12月がご相談が特に増えます。

3、車両の整備・運用に関する急な資金需要が発生した!

自社車両の整備・トラブル・事故、車検時の予測していなかった急な出費にあたり、資金繰りが間に合わないケース。

4、燃料費・人件費の高騰によるキャッシュフローの不足!

若い人材の確保が困難で、従業員の平均年齢が上がってしまっており、人件費の削減がままならないケース。 

燃料代は売掛金の入金日前に、支払期日が来てしまうので、資金繰りが不足してしまうケース。

5、長期の支払いサイトの圧縮!

取引先様からの入金が、2ヶ月サイト・又は手形での長期の支払いサイトを圧縮する事によるキャシュフローの改善をおこないたいケース。

トラック運送業の資金繰り概況

ここ数年で、運送業界はインターネット通販の急拡大に伴い、宅配便の取扱個数は増加傾向に。業界規模も増加に転じています。また、近年ではアマゾンや楽天を中心としたインターネット通販が急成長しています。それに伴い、宅配便の取扱個数も増加傾向に。業界の新たなけん引役となっています。

こうした動向を受け、運送各社は配送拠点の拡張に乗り出しています。

また、人材不足解消の為にも国土交通省は今年9月、女性ドライバーの愛称を「トラガール」とし、ホームページに「トラガールサイト」を開設。2020年までに女性ドラ イバーを現在の約2万人から倍増させる目標を定めた。

しかし、【低運賃】【トラック不足】【人材不足】【燃料の高騰による収益の圧迫】において、まだまだ課題がありますので、一つ一つ見直していかなければなりません。

株式会社トップ・マネジメントでの次世代型のファクタリングサービスでは各企業様に合わせた、事業資金の資金繰りのご提案をしております。

【トラック運送業2社間ファクタリングサービス】

メリット:
運送業界は風評が立ちやすい業界でもあります。取引先様に連絡及び通知をせずに契約するので、同業者への風評被害が起こりません。
保証人・担保設定など複雑な費用や手間が掛かりません。

デメリット:
売掛先様の与信調査の結果により、3社間ファクタリングと比べると掛目が低く設定されてしまう事がある。
売掛先様により数字が変わってしまう。

【トラック運送業3社間ファクタリングサービス】

メリット:
取引先様からすると支払いサイトを変更する手間も無く、今まで通りの支払いサイトにて入出金の処理が出来るので、
手間をお掛けいたしません。
取引先様が倒産しても、弊社が債務を負担する形になり、貴社へ請求をすることが一切ありません。

関東・関西の一部企業様では3社間ファクタリングへの柔軟なご対応を頂いており、過去にも多数ご契約が可能となった実績が御座います。

デメリット:
取引先様との話し合いにおいて、口座変更の承諾書を頂くので、時間と手間が掛かってしまう。

0120362005ファクタリング無料相談 はじめてのファクタリング 業種別ファクタリング事例
ページ上部へ戻る