はじめてのファクタリングとは

事業資金繰りにお悩みの経営者様・財務経理ご担当者様・個人事業主様、まずは東京神田のトップ・マネジメントのファクタリング無料見積りをご利用ください。日本全国の中小企業様、個人事業主様の事業資金繰り支援を即日ファクタリングを通じて行っております。延べ3万社を超えるファクタリング実績がございます。

top

ファクタリングによる事業資金調達とは何ですか?従業員や取引先に知られずにファクタリングの利用を検討していますが可能ですか?

法人のお客様が保有する売掛債権を弊社が買い取り、その債権回収までを行う売買取引のことです。金融機関の一括ファクタリングシステムと同様の資金調達手段です。

通常であれば売掛金は、売掛先の支払期日が到来するまで回収することが出来ませんが、トップ・マネジメントの一括ファクタリングシステムを利用して頂く事により通常の支払い期日より早く売掛金を回収頂く事が可能となります。また、銀行やノンバンク等の金融機関で資金調達される場合、お客様の財務内容・借入件数・借入総額・条件変更の有無等により、その可否が決定されますが、ファクタリングであれば取引先(売掛先)の信用が重視されるため、お客様の借入れや財務内容に関してはそれほど問われません。金銭消費賃借に代わる資金調達手法で経済産業省中小企業庁も推奨しています。

売掛債権の利用促進について:経済産業省中小企業庁より

http://www.chusho.meti.go.jp/kinyu/2004/download/040203urisai_panhu2.pdf

中小企業における資金調達の課題~売掛債権担保及び動産担保の活用に向けて~
http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/keizai_prism/backnumber/h19pdf/20073801.pdf

詳しくはこちら

ファクタリング即日

ファクタリングなら東京都千代田区神田のトップマネジメントへ

売掛先も含めた3社間ファクタリング契約を締結するに際して、今後の信頼関係に響かないようにアフターフォローはしてもらえますか?

(ファクタリング3社間契約の流れ 図1参照)

ファクタリングは昨今商工ローンなどのビジネスローンに代わる融資ではない資金調達手段として認知され、多くの法人様にご利用いただいております。

ファクタリングには、売買した債権が回収困難となった場合、お客様に保証してもらう=償還請求権の有る売掛債権担保融資(最近のノンバンクがほとんどこのやり方)と売買した債権が回収困難になってもお客様に保証を求めない=償還請求権の無い(ノンリコース)ファクタリングの2種類があります。

トップ・マネジメントがご提供させて頂くファクタリングサービスは、お客様が保有する売掛債権を償還請求権の無し(ノンリコース)にて買取りさせて頂く事により、お客様に対し資金を提供させて頂く仕組みです。売掛先に対し、納品・サービスの提供が完了しており、既に請求書を出されている売掛債権が売買対象となります。

東京神田に本社を構えるトップ・マネジメントは民間のファクタリング会社として売掛債権買取に関する長年の実績とノウハウを積み上げております。
弊社はお客様の債権を買わせて頂くにあたり、貴社の将来の利益を損なわないよう取引先(売掛先)にご説明させてもらったり、アフターフォローをする事ことにより今まで数多くの売掛先企業様のご理解を頂いてまいりました。
ただ、中には債権譲渡に関してどうしてもご理解が得られない売掛先企業様もいらっしゃいます。その場合は売掛先企業様の内容にもよりますが、弊社と貴社の二社間売買にて契約成立に至った事例も数多く御座います。弊社全契約数の30%近くのお客様が売掛先に対し、通知の留保(詳しくは弊社まで)による二社間売買契約で契約した実績がございます。(ファクタリング二社間契約の流れ 図2参照)

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングを図解

3社間ファクタリング契約までの流れを図解(図1)

(図1)ファクタリング三社間契約の流れ

2社間ファクタリング契約までの流れを図解(図2)

(図2)ファクタリング二社間契約の流れ

上記のように、弊社はお客様の資金需要に対し、スピーディーに安心して皆様のお力になれるよう独自の売掛債権買取ノウハウを日々磨いています。

弊社のファクタリングの内容さえ詳しくご理解して頂ければ、安心して素早く資金調達して頂く事が可能になります。

トップマネジメント(売掛金買取センター)ファクタリングのご利用対象法人

トップ・マネジメントファクタリングのご利用条件
ご利用対象者 健全な事業を営み、売掛債権をお持ちの法人様、個人事業主様(日本全国対応可能)
設立期間や赤字決算などは気にせずお申し込み可能です。
事業資金としての利用のみに限定させていただいております。
債権買取金額 買取金額売掛先1社に対し、30万円〜3000万円まで。買い取り上限総額は1億円まで。ファクタリング費用買い取り対象債権の1%〜 (売掛先・支払いサイト毎にご提示致します)諸経費振込み手数料はお客様にご負担頂いております。
債権買取費用 ファクタリング費用買い取り対象債権の1%〜 (売掛先・支払いサイト毎にご提示致します)
その他諸経費 振込み手数料はお客様にご負担頂いております。
印紙代・交通費・登記費用等、実費分をご負担頂いております。
掛目(かけめ) 原則として額面の10%〜20%が非買取対象金額となります。買取した売掛金の決済後、弊社の買取手数料及び事務手数料を差し引いた非買取対象金額を貴社にご入金致します。

 

ページ上部へ戻る