ファクタリングのメリット

ファクタリングは借入れでは無い

トップ・マネジメントで行うファクタリングは売掛債権売買契約ですので、一切借入れになりません。金融機関が行う融資とは違い、完全な売掛債権売買契約でのお取り引きをさせて頂きます。

銀行やノンバンクの厳しい審査基準とは違います

「ファクタリングを利用したいけど、やっぱり審査は厳しいんですよね?」っというお問い合わせを数多く頂きます。銀行・ノンバンク等は審査時に、お客様の決算内容・借入件数・借入総額等を厳しくチェックする事は周知の事柄ですが、弊社トップ・マネジメントでは、お客様の会社内容よりも、買い取らせて頂く取引先様の内容を重視し、審査をさせて頂いております。
したがって、お客様が「ウチは、決算が赤字だから無理」「銀行に対し、リスケジュール中だから難しい」と頭を抱えてしまう様な問題は全く気にせず、お申し込み頂き、ご利用頂けます。

2種類のファクタリング

ファクタリング(売掛債権売買)は日本国内において、一般的にまだあまり認知されていない資金調達方法です。現在国内におけるファクタリングには、償還請求権の有る売掛債権担保融資と償還請求権の無し(ノンリコース)で行う、売掛債権売買の2種類が御座います。
償還請求権の有るファクタリングは、売買した売掛債権が回収困難になった際、債権額をお客様に保証して頂く方法で、大半の金融会社はこちらの方法になります。また、償還請求権の無いファクタリングは、上記内容とは違って、買取した債権が回収困難な状況においてもお客様に保障を求めない方法です。弊社が行うファクタリングはこちらになります。
ファクタリングの内容をご理解して頂ければ、【安心して、すばやく資金調達】が可能となります。また、最近のニーズと致しまして、「三社間での取引となると、取引先の譲渡承諾が難しい」との声をよく頂きます。その際は売掛先企業様の内容にもよりますが、弊社と貴社での2社間売買にて契約成立に至った事例も数多く御座いますので、ご相談下さい。

ファクタリングを行うメリット

①未回収の売掛金を現金化する事で、キャッシュフローが大幅に改善される。

②資金的に余裕ができ、仕事の取引量を増加させる事が可能になります。

③決算書の賃貸対照表上、弊社とお客様は債権請求権無し(ノンリコース)にて売掛債権売買を行うので負債に該当しない為(銀行・ノンバンクが行う融資等の借入金は賃借対照上負債となります)、バランスシートのスリム化が可能となります。

④弊社のファクタリングは完全にノンリコースでの売買取引ですので、万が一お客様に譲渡頂いた債権の売掛先企業が弊社の集金前に倒産してしまったとしても、お客様に譲渡代金の請求を行いません。よって、お客様は売掛金回収に伴うリスクがなくなり、安定した経営が可能となります。

⑤不景気による企業倒産が増している昨今、お客様が新たな取引先との新規契約を結ばれる際、弊社に取引先調査を入れて頂ければ新規取引先の信用力を調査し、お客様の新規取引時のリスクヘッジにご活用いただけます。(帝国データバンク、日本商工リサーチ、その他多数の情報機関を利用しております)

0120362005ファクタリング無料相談
はじめてのファクタリング
業種別ファクタリング事例
factoringarea

ページ上部へ戻る