ブログ

2社間ファクタリングにて翌日資金調達が出来た事例!

ファクタリング
建設業 20170816

2社間ファクタリングにて翌日資金調達が出来た事例!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

東京都某区 建設業 A社長様
【資本金】300万円
【従業員】社員:10名 パート:2名
【先月の月商】1200万円 売掛先10社
【借入】BK3行 リスケ中
【税金】税金・社会保険の滞納無し
【希望金額】180万円
【その他】リスケ中で金融関係からの融資が受けられない

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

7月末に差し掛かる時でした。
A社長様よりご連絡を頂きました。
一ヶ月程前より、月末の資金繰りにて不足する事が分かっていて、
資金調達をしなければと、現場に出入りしながらも、色々と考え
ていたそうです。
ノンバンクも2社程、打診をしたのですが、リスケを理由に断ら
れてしまったそうです。

元々は、大きい現場の仕事の検査があり、悪天候の絡みで検査の
日程が延びてしまい、売掛先様との支払サイトも一ヶ月ズレてし
まい、支払いと入金のバランスが崩れてしまったそうです。

ここまでは、外注費及び材料費においては頭を下げて話をしてき
て、待っててもらっていましたが、7月末で支払い分を追い付か
せなくては、今後の仕事に影響が出ても困るので、なんとか資金
調達が出来ないかと動いてきたそうです。

しかし、なかなかうまくはいかず、月末の前日になってしまいま
した。

ネットで色々調べていたら、ファクタリングという資金調達方法
があることを知り、何社か打診をしたところ、月末でバタバタな
為、断られてしまったそうです。
その後、弊社もネットで見付けていただき、ご連絡を頂いたとこ
ろでした。

弊社の担当が簡易的にヒアリングをし、必要書類をなんとかご用
意いただく様話をし、来社頂く流れになりました。

A社長様も、月末の忙しい中、必要書類をご用意頂いて、午後に
はご来社頂く事が出来ました。

A社長様は焦っていましたが、話をし落ち着かせて、お持ち頂い
た書類を基に、ヒアリングをしていきました。
必要書類も欠けることなく全部揃っていて、尚且つ、仕事の流れ
も順調で、月末の資金繰りだけ乗り越えられれば、翌月は問題な
さそうでしたので、スグにお見積書のご提示が出来ました。

A社長様も正確な情報及び必要書類関係も全て揃えていただいて
いましたので、月末の前日の午前中からで夜に差し掛かる頃には
お見積書のご提示により、A社長様も資金繰りの目処が立つこと
が出来たそうです。

お見積り自体は、220万くらいまでは大丈夫だったのですが、
A社長様が180万で問題ないとのことでしたので、再度お見積
書にてご提示し、翌日(月末)の午前中に契約することに決まり、
無事に契約、そして実行となりました。

A社長様は、正直間に合わないと考えていたそうでしたが、遅れ
ていた、外注費及び材料費も支払う事が出来たと、後日ご報告い
ただきました。

昨今、金融機関から融資が当たり前のように受けられる企業様も
いらっしゃれば、様々な理由で融資が受けられない企業様もいま
す。普通の方からみれば、金融機関から借りれないのであれば、
そんな事業自体辞めればいいのでは?と思われる方もたくさんい
らっしゃいますが、各事業主様からすれば、抱えている従業員も
おりますし、その家族もいます。そして周りの取引先様や同業者
もおります。ここでハイお終いとするわけにはいかないのです。

私達も色々な状況を見て来て、ホントにもうどうにもならなけれ
ば、正直その様にお話をすることもあります。しかし、相談に来
るほとんどの企業様は、瞬間的にショートしている事が殆んどで、
仕事自体すごく良い仕事をしている企業様がたくさんいらっしゃ
います。その様な企業様に少しでもお力添え出来ればと思います
ので、まずはお気軽にご相談頂ければと思います。

関連記事

0120362005ファクタリング無料相談 はじめてのファクタリング 業種別ファクタリング事例 factoringarea
ページ上部へ戻る