ブログ

日本政策金融公庫と信用保証協会の違いは?

ファクタリング

事業を経営するには、タネになる軍資金が必要になります。事業資金が潤沢なほどその経営も柔軟さと迅速さを実現できますが、その資金の調達方法もその後の事業展開に影響を与えるはずです。当座に潤沢な資金があって、特に融資も必要ない、またはすべて現金決済できるような超優良企業なら融資の心配をする必要はありませんが、多くの企業は融資を受けること自体が、経営の成否に直結していると言っても過言ではないのです。

法人が融資を受けるという事になると、まずは銀行からを連想するでしょう。又は日本政策金融公庫、保障協会付きの順になるのではないでしょうか? 通常の感覚の経営者なら資金調達のためには、まずこの3つを思い浮かべるはずです。経営が安定している企業なら、銀行も喜んでお金を貸してくれます。しかし多くの中小企業はそうもいかず、資金繰りに四苦八苦しているでしょう。ですから融資を受けるための方法は区別して考えるべきなのです。

信用保証協会は直接お金を貸してくれる金融機関ではなく、保証機関になります。個人の借金についても、大きな金額になれば保証人や担保が必要なケースがあります。銀行など信用度の高い金融機関になればなるほど、融資先の信頼性を評価したがる傾向があります。つまり、返済の確実性がなければ銀行は簡単にはお金を貸してはくれないのです。保証協会が保証人になる事で、企業の信頼度が保証されるというわけです。また、融資されたお金が返済できなくなった場合には、保証協会が残債を保証し、債権は保証協会に移されることになります。

日本政策金融公庫は、これから起業する会社が最初に利用を考える金融機関と言っても良いでしょう。公的な金融機関に位置付けられ、民間の金融機関を補完するような役割となっています。日本ではベンチャーなどの新規企業を応援しており、開業資金を積極的に斡旋しています。そのため新米経営者にとって、その審査は最初にくぐる関門のようなものなのです。

0120362005ファクタリング無料相談 はじめてのファクタリング 業種別ファクタリング事例 factoringarea
ページ上部へ戻る