ブログ

入金がズレてしまい資金ショートしてしまったが、売掛金の流動化による資金調達が出来た事例!

ファクタリング
20180207 卸売業
入金がズレてしまい資金ショート!即日、2社間ファクタリングにて資金調達!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
千葉県某市 卸業 C社長様
【資本金】500万円
【従業員】社員:2名 パート:10名
【先月の月商】800万円 売掛先7社
【借入】銀行:2行 2500万リスケ中
【税金】税金:150万円分納中 社会保険:100万円
【希望金額】200万円
【その他】赤字決算・リスケ中で融資が出ない状況
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
月末に突然、一本の電話がなりました。
会社名・名前も名乗ることもなく、
「今日、資金が必要なんですけど、なんとかなりませんか?」
担当も慌てておりましたが、まずはお客様を落ち着かせて、
話を進めることが出来ました。
C社長様は、昨夜売掛先から連絡が入り、月末の支払いを少し
待って欲しいとのことでした。
月末は、仕入れ代金や給料、その他諸経費の支払いもあり、
その売掛金が入らないと確実にショートする!! と
知人とか親族にもダメもとで聞いてみたが、直近というのもあり、
難色を示されてしまったそうです。
困ったC社長様は、ネットで資金繰りが出来そうなところを探し
ていたそうです。
3社ほど、メールで問い合わせをして、1社は連絡が無く。。。
もう1社はメールにて審査中との連絡が来ていたそうです。
弊社は、電話にて対応してくれたとのことで、このまま進めて
欲しいとのことでした。
現状を把握するために、簡単なヒアリングをしながら話を伺いま
した。既に請求書を発行している売掛債権もあったので、大至急
必要書類関係を用意いただいて、ご来社いただくことになりました。
ご面談の際に、再度現状を確認させていただき、弊社からの提案
もさせていただきました。さらに、資金ショートしている金額を
ファクタリングにて穴埋めして、乗り切ってもらう作戦をC社長
様と一緒に考えて、進める形になりました。
資料を拝見させていただいたところ、売掛先様3社分で250万
円の売掛金があったので、そちらを買取させていただく話をしま
した。
売買手数料が、売掛先様毎に異なり、C社長様にもその旨をお伝
えし、お見積りを作成するので一度帰社いただきました。
いくつもの案を提案させていただき、C社長様が取り急ぎ、
150万円あれば間に合いそうでしたので、お見積書にてご提示
させていただきました。
お見積書の見方の説明をさせていただき、ご納得いただいて、
契約の流れになりました。
お問い合わせいただいてから、契約実行まで1日で完了すること
が出来ました。C社長様も喜んでもらえました。

関連記事

0120362005ファクタリング無料相談 はじめてのファクタリング 業種別ファクタリング事例 factoringarea
ページ上部へ戻る